Uゾーン、フェイスラインのニキビの原因は男性ホルモンが原因?!

美肌を保つためには保湿ケアがもっとも大切ということは常識ですよね。
でも、ニキビの予防や改善のためにも保湿が大事なのでしょうか?
ニキビは皮脂が主な原因なので、ある程度肌は乾いている状態がいいのでは…と、思っていた時期もあったのですが…乾燥もなんとニキビの原因になるんだそうです。

Uゾーンやフェイスラインには繰り返すニキビができやすいのですが、この部分にできるニキビの原因はなんなのでしょう?
男性ホルモンというウワサもありますが、真実は?

今回、こちらの記事ではフェイスライン、Uゾーンのニキビの原因について迫っていこうと思います!

顔の中心は大丈夫なのに、フェイスライン、Uゾーンのニキビがよくできて悩んでいる…という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Uゾーン、フェイスラインのニキビの原因は男性ホルモン?

ニキビの種類は年代で違う

ニキビといっても年代によってできるニキビの性質はまったく違います。
10代ごろにできるニキビは「思春期ニキビ」といい、子供から大人になる過程で成長ホルモン・性ホルモンの分泌量が増えることで皮脂が増え、毛穴が詰まりやすくなるためにニキビができます。

皮脂が多く分泌されるTゾーンをメインにニキビができやすいのが、思春期ニキビの特徴です。

そしてもうひとつのニキビの種類が「大人ニキビ」。

大人になると生活習慣が10代のころとガラッと変わり、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどを抱えるようになることが多くなります。

また、肌のうるおいは大人になると徐々に失われていき、乾燥しやすくなります。
すると肌のバリア機能が低下し、皮脂の分泌量が少ないフェイスライン、Uゾーンにニキビができやすくなるのです。

ニキビといえば皮脂の分泌が多いことが主な原因と言われてきましたが、2013年のとある調査・分析によると、大人ニキビに関しては皮脂の多さではなく、肌の水分量が少ないことが原因…と、わかったそうですよ。

大人ニキビの原因は男性ホルモンの可能性もある

ホルモンバランスの乱れはニキビの大きな原因です。
ホルモンバランスが乱れニキビができるというのがどういうことなのかというと、男性ホルモンと女性ホルモンの2つのうち、男性ホルモンが過剰に分泌されることがニキビの原因になります。

女性には女性ホルモン、男性には男性ホルモンというように、性別によって体が持っているホルモンがはっきり性別で分かれているのではなく、女性も男性ホルモンを持っているし、男性も女性ホルモンを持ってるんですよ。

男性ホルモンは美容面でいうとあまりよくないホルモンで、こんな影響があります。

・皮脂の分泌量を増やす
・肌のバリア機能を弱める
・毛穴を収縮させ、皮脂が詰まりやすくなる

このような性質が男性ホルモンにあるので、男性ホルモンが増えすぎるとニキビの原因になってしまうんです。
男性ホルモンは筋肉をつきやすくしたり、メリットもあるのですが肌への影響に関してはよくないことが多いです^^;

・もみあげ~アゴにかけて
・口の周り
・鼻の下

など、男性でいうヒゲが生える部分にニキビができやすい場合は男性ホルモンの過剰分泌が原因になっている可能性が高いといわれています。

ニキビに悩む人の血液を調べてみると、実際男性ホルモンが多いことがわかっているので、男性ホルモンとニキビのできやすさの関係は深いといえるでしょう!

男性ホルモンが原因のUゾーン、フェイスライントラブルはその部位が乾燥しやすく、男性ホルモンには肌を乾燥させる影響もあるのでは…と、考えられます。

乾燥肌ほど皮脂が多く、ニキビができやすくなる

乾燥していたらニキビとは無関係の感じがしますが、実は肌が乾燥すると肌を守るために皮脂を多く分泌してしまいます。
その結果、毛穴が皮脂で詰まってしまう…ということなんですね。

乾燥による大人ニキビができる流れは、

①肌(角質層)が乾燥する
②肌のバリア機能が低下し、弱くなる
③肌を守るための防衛反応として、皮脂が過剰に分泌される
④角栓ができる
⑤角栓で毛穴が詰まる
⑥ニキビができる

こんな感じ。

乾燥肌の人ほど大人ニキビができやすい肌質といえます。
角質層の乾燥、バリア機能の低下、防衛反応として皮脂が過剰に分泌されるのが、乾燥によるニキビの原因です。

フェイスラインのニキビの改善方法

ニキビ、大人ニキビは乾燥で肌のバリア機能が弱まることが主な原因です。
どのような対策、どんな成分を取り入れたら大人ニキビを効果的に予防、改善させていくことができるのでしょうか?

美肌に保つための対策をピックアップしてみたので、ぜひこちらを参考にどうぞ!

フェイスライン、Uゾーンのニキビに効果的な成分

炎症を抑える成分(グリチルリチン酸、サリチル酸)

甘草の根っこに含まれるグリチルリチン酸という成分は、炎症を抑える効果があるとして昔から活用されてきました。
グリチルリチン酸2Kを配合している化粧品は、ニキビの炎症を抑える効果に期待ができるので、おすすめです。

サリチル酸という成分もありますが、こちらは角質を柔らかくして溶かし、角栓を取り除く効果に期待ができる成分。
防腐効果もあり、アクネ菌が繁殖するのを抑えてニキビを予防します。

ただ、マイルドながらピーリング効果があるので、肌は敏感になりがち。
保湿する力が損なわれてしまうので、ニキビを根本から治すには向いていない成分ともいえます。

きちんと保湿をすることを徹底しながら使用するなら、角質ケアもできるサリチル酸は有効です。

オイルやアルコールが使われていないもの

化粧品にオイルやアルコールが含まれているものは、ニキビによくありません。
なぜかというと、油成分はアクネ菌のエサになるので、アクネ菌が増えてニキビができやすくなってしまうんです。

そして、アルコールは揮発するときに肌の水分を一緒に乾かしてしまうので、肌が乾燥しがちに…。
ニキビによくない2つの要素があるので、アルコールやオイルが使われている化粧品はなるべく選ばないようにしましょう。

ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸)

活性酸素の除去をする抗酸化作用で炎症を抑える効果や、皮脂の分泌を抑える効果、美白効果などニキビのケアにぴったりの成分といってもいいでしょう!
ビタミンCは浸透率があまりよくありませんが、ビタミンC誘導体、L-アスコルビン酸は浸透率が高いのでおすすめ♪

保湿効果の高い化粧水と使うと、より浸透が進みニキビケアに効果を期待できます。
ビタミンCはオイリー肌、敏感肌などさまざまな肌質に使える刺激の少ない成分で安心です。

ホルモンバランスを整え、男性ホルモンの過剰分泌を防ぐ

女性ホルモンの多い時期は肌が綺麗になります。
生理前はニキビができたり肌荒れがひどいのに、生理が終わったあとは肌が綺麗になったと感じませんか?

女性ホルモンのエストロゲンが増えると、肌のバリア機能が高まりうるおいが保たれることで肌が綺麗になるんです。

男性ホルモンは先に説明をしましたが、皮脂を増やすはたらきがあるので、ニキビの原因になりやすいといわれています。

生活習慣の乱れ、ストレスで男性ホルモンが増えるので、男性ホルモンを過剰に増やさないようにすることが大事。

女性ホルモンには肌を綺麗に保ち、ニキビを予防・改善する効果があるので、女性ホルモン優位の状態にできるように、意識していきましょう!

なぜストレスが男性ホルモンを増やすのか?
それは、自律神経の交感神経が活発になるから。
交感神経は男性ホルモンをどんどん分泌させてしまうので、ストレスによって交感神経が活発になり続けると男性ホルモンが過剰分泌され、ニキビ、大人ニキビの原因になってしまいます。

ストレスを感じやすい方、イライラしやすい方はストレス解消方法やリラックス方法を見つけ、交感神経とは逆の効果を持つ副交感神経が優位になれる生活習慣を身につけるようにしてみてください。

ストレスの解消方法は人それぞれ。
自分がすっきりする方法ならなんでもいいですよ♪
絵を描くのが好きなら絵を描く時間を作ったり、読書や音楽など、自分の好きなことを楽しむことが大切です^^

きちんと睡眠をとりターンオーバーを活発にする

みなさんはきちんと睡眠を意識していますか?
仕事が忙しい、趣味に没頭してしまうなどいろいろ理由はあると思いますが、睡眠はしっかりとりましょう。

睡眠不足になるとストレスになり、交感神経が活発になって男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。
つまり、皮脂が増えたり肌のバリア機能が弱まってしまうということ。

ちなみに、ターンオーバーの活発な時間は眠りに入ってから3時間~4時間。
この時間帯に深い眠りについているかどうかがニキビレスの肌か、肌トラブルに悩む肌かの分かれ道。

睡眠はなによりも美肌になれる大事なこと!
夜更かしはなるべくしないようにして、睡眠を確保しましょう^^

ニキビケアをしよう!正しいケアが美肌への近道

ニキビのない美肌を目指すには、正しいスキンケアも大事です。
なかなかニキビが治らなかったり、できやすいのはスキンケアが原因になっているかも?

こちらの洗顔方法を参考に、正しいスキンケアを意識してみてください♪

①洗顔

化粧水を付ける前には洗顔を必ずしましょう。
洗顔料はたっぷりきめ細かい泡を立て、指で触れないように泡の弾力を利用して洗うのがコツ。
こうすることで肌への負担を減らし、皮脂を除き過ぎない洗顔もできます。

1日に何度も洗顔料を使って洗顔したり、ゴシゴシこする洗顔は肌を乾燥させ、負担を与えてしまうので気をつけて!

②化粧水

洗顔後は化粧水をつけて水分を与えましょう!
大人ニキビは乾燥が原因でできやすいニキビ。グリチルリチン酸2Kの入っている化粧水、保湿効果の高い化粧水などを肌に押し込むようにハンドプレスで浸透させます。

ニキビがあるときはパッティングをしたり、コットンを使うのは避けてください。
ニキビに余計な刺激を与えないようにつけてくださいね。

③美容液

美容液はアスコルビン酸、ビタミンC誘導体入りのものがおすすめです。
適量を肌全体になじませ、ハンドプレスをして成分を押し込んでいきましょう。

ニキビを潰すのはダメ!跡になってしまう危険性あり

ニキビは潰したほうが早く治るとも言われていますが、ニキビを潰すのは絶対にダメです。
指についている雑菌が傷口から入り、炎症を起こしてしまうことも。
炎症の悪化したニキビができると、あとあとクレーター状のニキビ跡になってしまう危険性があるので、絶対にニキビを潰すのはやめてくださいね。

ピンセット、針を使うのもナシです。

ホルモンバランスを整えるビタミン・ミネラル3つ

①ビタミンB5(パントテン酸)

パントテン酸はシャンプーに配合されているのを見たことがある、知っている方もいらっしゃると思いますが、美肌にも関わる成分なんですよ。
体の中でビタミンCをサポートし、コラーゲンの生成を助けたり、ホルモンバランスの乱れを正し、ニキビを予防するといわれています。

ビタミンB5は不足しにくいビタミンですが、お酒を飲んだりカフェイン飲料を飲む人はビタミンB5が減りやすいそうです。

コーヒー、紅茶、エナジードリンク、お酒をよく飲む方はビタミンB5を含む食べ物を積極的に食べましょう!

ビタミンB5を含む食べ物

・モロヘイヤ
・きのこ
・アボカド
・納豆
・卵
・レバー
・鶏もも肉
・ニジマス
・子持ちガレイ

②ビタミンB6

タンパク質の代謝と関係しているビタミンB6は、摂取不足になると毛穴開き、赤み・炎症を起こしたニキビができやすくなります。
皮膚、粘膜をすこやかに保つための成分なので、足りなくなれば色々な皮膚トラブルを起こしやすくなるそうです。

女性ホルモン(エストロゲン)にも関わり、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整えニキビができにくい肌質にしたり、美肌を保つのに必要といわれています。

ビタミンB6を含む食べ物

・ピスタチオ
・バナナ
・カツオ
・マグロ
・卵
・大豆
・さつまいも
・鶏レバー
・パプリカ
・玄米ご飯

③亜鉛

ホルモンを作るはたらきを助けるのに必要なミネラルで、亜鉛不足は肌荒れ、ニキビ、ターンオーバーの乱れなどにつながると言われています。
しかも亜鉛は吸収率が悪く、積極的に亜鉛をとっているつもりでも十分にとれていないことも。

より意識して亜鉛を含む食べ物を食べたり、サプリメントを利用するのがいいと思いますよ!

亜鉛を含む食べ物

・牡蠣
・納豆
・卵
・牛肉
・ひよこ豆
・カシューナッツ
・エビ

まとめ

ニキビの原因について、初めて知ったことはありましたか?
知らなかったことをこれからの美肌ケアにいかし、ニキビの対策方法やおすすめの食べ物を積極的に取り入れニキビのできにくい肌を目指してみてくださいね♪

化粧品で外側から肌をケアすること、食べ物などの栄養で内側から肌をケアすることがニキビをつくりにくくするポイント!

今回の記事がニキビ対策の参考になっていれば幸いです。

Uゾーン、フェイスラインのニキビの原因は…

・肌の乾燥により肌自身を守るために過剰分泌された皮脂が毛穴をつまらせる

・ストレス、生活習慣の乱れによって交感神経が活発になり、男性ホルモンの分泌が盛んになる。男性ホルモンは皮脂を増やしたり、乾燥、肌のバリア機能を低下させる影響がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です