洗い流さないトリートメント、ヘアオイルでニキビが出来ない様にする成分とは

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使わないと髪の毛がまとまらず落ち着かない。
でも、使うとニキビができてしまう…こんなときどうしたらいいのでしょう。

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントって、憧れのツヤツヤさらさらの髪の毛になれると知って使い始めた方も多いのではないでしょうか?

でも、いざ使ってみたらニキビができてしまった…という経験が、筆者にはあります…。
(ネットで見ると同じ経験をしている人は結構いる様子…)

筆者はヘアオイル・洗い流さないトリートメントを使うと、

・フェイスラインににきびができる
・おでこにニキビができる

髪の毛をサラサラ綺麗にしたいのに、肌荒れしてしまっては綺麗になれたとは言えません。

洗い流さないトリートメントやヘアオイルをニキビができないように使うには、どうしたらいいのでしょうか?
今後、トラブルなく使うために調べてみた結果をご紹介します!

なぜヘアオイルや洗い流さないトリートメントでニキビができるの?

なぜヘアオイルや洗い流さないトリートメントでニキビができるの?

なぜヘアオイルや洗い流さないトリートメントでニキビができるの?

洗い流さないトリートメントやヘアオイルは、髪の毛に適度な油分や保湿成分を与え、髪の毛のうるおいを守る効果に期待ができるヘアケアアイテムです。

髪の毛にまとわせることでドライヤーの熱、刺激から守る効果もあるといわれていますが、使い方によってはニキビを作る原因になることがあるので、正しく使えていないと肌荒れにつながることも…。

洗い流さないトリートメントやヘアオイルは髪の毛に使うもの。
危険な成分が入っているというわけではありませんが、髪に使うときにフェイスラインなど皮膚に付いてしまうと、ニキビができてしまう原因になることがあるんです。

成分に油分が含まれているので、肌に油分が過剰になってしまいニキビになる…というのも考えられますね。
成分自体が髪にはよくても肌にはあまりよくないというのも可能性としてはあるかも。

どんな成分が使われているのか確認しよう

どんな成分が使われているのか確認しよう

どんな成分が使われているのか確認しよう

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントを使うとニキビができてしまう方や敏感肌の方は、まずはどんな成分が使われているのかをチェックしてみましょう。

配合成分は商品のパッケージ、容器の裏に書いてあります。
難しい名前の成分がたくさん書いてありますが、その中に「シリコン」は含まれていませんか?

シリコンが配合されている、成分の名前一覧

シリコンが配合されている、成分の名前一覧

シリコンが配合されている、成分の名前一覧

「シリコン」ではなく「シロキサン」「ジメチコン」「シクロメチコン」という名前で表記されている場合もあります。

・シリカ
・シロキ
・シロキサン

・シラン
・ジメチコノール
・ジメチコン

・シクロメチコン
・シリル
・シリル化ケラチン
・ポリマー
・クロスポリマー
・シクロペンタシロキサン

「シリコン」ではなく「シロキサン」「ジメチコン」「シクロメチコン」という名前で表記されている場合もあります。

紛らわしい名前の成分もこんなにあります。
これらの成分が表記されていたら、シリコンが使われているということなので、肌荒れやニキビの原因になる可能性が高いです。

シリコンが使われているヘアオイル、洗い流さないトリートメントはなるべく使わないようにしましょう!

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントは、シャンプーしない限り成分が髪の毛に残ったままになってしまうということ。

その間に肌に触れたりすることで肌トラブルの原因になることがあるので、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使うとニキビができる方は、
シリコン配合のヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使っていないか、チェックしてみてくださいね。

シリコンはなぜニキビの原因になる?

シリコンはなぜニキビの原因になる?

シリコンはなぜニキビの原因になる?

シリコンというと最近は肌や髪に良くないとか、いろいろ悪い噂を聞きますが、髪の毛をつるつるにしてくれるしすごく悪い成分というわけではないんです。

そもそも、そんなに悪い成分ならいろいろな商品に配合されてないですよね。

シリコンとは

ただ、シリコンは「皮膜力」といって、コーティングする効果が強いので肌につくと毛穴を塞いでしまいます。
すると、毛穴に皮脂がつまった状態になり、ニキビができるという仕組みです。

つまり、洗い流さないトリートメントやヘアオイルが顔に触れてしまうと毛穴をつまらせる原因になり、ニキビができるということ。

もし、使っていてニキビができるならシリコンの入っていない洗い流さないトリートメントやヘアオイルにすれば、ニキビができないようになるかもしれません。

私もどうやらシリコンが駄目だったようで、ノンシリコンのヘアオイル、洗い流さないトリートメントに変えたらニキビができにくくなりました。

肌に優しいとか、髪に優しいとかそういうのを選ぶよりもまずは成分を見て、ノンシリコンであるかどうか確かめるほうが大事なのでは?と、思いましたね。

もし、肌荒れやニキビで悩んでいるならノンシリコンのはオイルや洗い流さないトリートメントに変えてみてはいかがでしょうか!

どんなヘアオイル、洗い流さないトリートメントを選ぶ?

どんなヘアオイル、洗い流さないトリートメントを選ぶ?

どんなヘアオイル、洗い流さないトリートメントを選ぶ?

ニキビの原因になってしまう可能性はあっても、ヘアケアをやめるのはできないですよね。
そこで、どんなヘアオイル、洗い流さないトリートメントを選べば失敗が少ないのか、選び方についてご紹介します!

オーガニック認定されている

オーガニック認定されている

オーガニック認定されている

自然由来にこだわる商品はいろいろありますが、その中でも
オーガニック認証をされているものなら、より安全性が高く安心して使えます。

オーガニックとは

オーガニックは、有機と同じ意味です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します。

国際的な規模で有機農業推進活動を行っているIFOAM( 国際有機農業運動連盟) は、オーガニックの原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目を掲げています。

出典 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会

原料が有機栽培で丁寧に作られたものは安全性や品質が認められ、オーガニック認証をもらえます。

世界的に信頼性が高い有名な機関でオーガニック認証を受けている洗い流さないトリートメント、ヘアオイルなら間違いなく安心して使えるでしょう。

理想は100%自然由来の成分

理想は100%自然由来の成分

理想は100%自然由来の成分

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントは傷んだ髪の毛を癒やし補修する効果があるので、髪が傷んでいるときには使いたいもの。

買うときにはまず、自然由来の成分を使っているのか?
という部分を見てみましょう。

私がおすすめしたいのはホホバオイルです。
ホホバオイルは肌にも使える植物由来のオイルで、人の皮脂の成分に似ている性質があるので、肌荒れしにくいと言われています。

ホホバオイルが使われているヘアオイルや洗い流さないトリートメントで、肌への刺激や負担を軽減してみてはいかがでしょうか?
もちろん、ホホバオイル以外でも自然由来の成分にこだわっているものならOKです。

化学物質の多いものは選ばない

化学物質の多いものは選ばない

化学物質の多いものは選ばない

化学物質は肌に負担になり、ニキビのもとになってしまうことがあるので自然由来の洗い流さないトリートメント、ヘアオイルにこだわり、化学物質だらけのものは選ばないようにしましょう。

もし、化学物質の多いヘアオイル、洗い流さないトリートメントを使うなら、肌に触れないように気をつけて使うようにしてください。

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントでニキビを作らないようにする使い方

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントでニキビを作らないようにする使い方

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントでニキビを作らないようにする使い方

部分的に使い肌に触れないようにする

部分的に使い肌に触れないようにする

部分的に使い肌に触れないようにする

肌に洗い流さないトリートメントやヘアオイルがつくとニキビになる可能性があるので、髪に部分的に使ったりして肌につかないように気をつけましょう。

例えば、髪の傷みが激しい毛先だけに使うとか、肌に近い部分には使わないようにするなど。

肌に触れなければ問題がないことが多いので、肌から遠い毛先だけに使うならニキビになる心配はあまりないかも。

顔に髪の毛が触れないヘアスタイルに

顔に髪の毛が触れないヘアスタイルに

顔に髪の毛が触れないヘアスタイルに

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントが肌にふれるとニキビができやすく、ニキビの悪化にもつながるので髪の毛で輪郭を隠したり、下ろしたヘアスタイルはしないようにしましょう。

「いつもアップスタイルは…」
「アップスタイルはあまり好きじゃない」

という方も多いかもしれませんが、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントでニキビにならないようにするには、髪の毛が顔に触れないようにするのが鉄則。

前髪やサイドの髪が顔に落ちてこないような、自分に似合うアップスタイルを探すきっかけにもしてみてはいかがでしょうか?

洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使ったあとは手を洗う

洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使ったあとは手を洗う

洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使ったあとは手を洗う

髪の乾燥が気になるときに、都度洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使っている方もいらっしゃると思いますが、そのあとに手を洗っていますか?

手に洗い流さないトリートメントやヘアオイルの成分が残っている状態で顔に触れてしまうと、それが原因でニキビができたり、悪化させてしまうことも。

都度ヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使うのは悪いことではないですが、使ったあとは手を洗って指に成分が残らないようにしましょう。

洗い流さないトリートメント、ヘアオイルを使ったあとに洗顔する

洗い流さないトリートメント、ヘアオイルを使ったあとに洗顔する

洗い流さないトリートメント、ヘアオイルを使ったあとに洗顔する

洗い流さないトリートメントやヘアオイルはお風呂上がりやお出かけ前などですよね。

どちらの場合でも洗顔後に使うシチュエーションですが、できればヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使ってから、もう一度洗顔をするようにすると安心。

もし、肌にヘアオイルや洗い流さないトリートメントが付いていたとしても、洗顔すれば綺麗に成分を落とせるので、ニキビになりにくいです。

ニキビの正しい洗顔方法

お風呂から出たあとに使うなら…

・髪を洗い終わったらタオルドライ
・ヘアオイル、洗い流さないトリートメントを使う
・洗顔をする

お出かけ前に使うなら…

・ヘアオイルを使う
・洗顔をする
・メイクをする
・ヘアセットをする

このようなプロセスを踏んでヘアケアすれば、肌に成分をつけたままになってしまうことは少ないでしょう!

ニキビの悩みを解決してくれる、悩み別のオススメサイト10選☆

ニキビがある時のヘアオイル、洗い流さないトリートメントを使うときのポイント

ニキビがある時のヘアオイル、洗い流さないトリートメント

ニキビがある時のヘアオイル、洗い流さないトリートメント

こんなニキビの時はなるべく使わないで

こんなニキビの時はなるべく使わないで

こんなニキビの時はなるべく使わないで

ニキビが出来ているときでも、ヘアケアやヘアセットのために洗い流さないトリートメントやヘアオイルは使いたいもの。

でも、ニキビが出来ているときに使っても大丈夫なのでしょうか?
ニキビには軽い症状の白ニキビから炎症の起きた赤ニキビや黄ニキビなどがあります。

軽い症状のニキビにも、炎症を起こしたニキビにも、気づかないうちに指についたヘアオイルや洗い流さないトリートメントの成分をふれさせてしまうと、思わぬトラブルや悪化につながる可能性もあるので、できたらニキビができているときは使わないようにするのが無難です。

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントは、髪の毛のうるおいを守ったり、ドライヤーのダメージから髪を守るなど、ヘアケアではかなり効果的なアイテムですが、ニキビができているときだけでも、お休みしてみてはいかがでしょうか?

せっかく美容のために使っているものなのに、ニキビが悪化してニキビ跡が消えなくなってしまった…とか嫌ですよね。

ニキビができてしまっているときは、ニキビが治るまではヘアオイルや洗い流さないトリートメントはなるべく使わないようにしましょう。

もし、症状が重いなら皮膚科で治療をするのがおすすめ。
そのときにヘアオイルや洗い流さないトリートメントは使えるのかどうか、お医者さんに相談してみるのも良いかもしれませんね♪

一旦使うのを中止してみよう

一旦使うのを中止してみよう

一旦使うのを中止してみよう

もし、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントでニキビができたら?

初めて使うヘアオイルや洗い流さないトリートメント、普段使っているものでもし肌荒れしたりニキビができたりしたら、一旦使うのをやめましょう。

ただ、この段階ではまだそのヘアオイルや洗い流さないトリートメントが原因とは断定できないので、肌が落ち着いたらもう一度使ってみてください。

そこでまた肌荒れしたりニキビができるなら、それが原因の可能性が高いですね。

体調などの影響もあるかもしれませんが、成分が肌に合っていない可能性も十分に高いのです。

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントは髪の毛にいい成分が入っていますが、その成分には髪の毛には良くても肌にはあまり良くない成分も少なからずあります。

もし、髪の毛に使っていてニキビができてしまうなら、肌に合わない成分が入っているのかもしれないので、使うのをやめて自分の肌に合うヘアオイル、洗い流さないトリートメントを探し直してみましょう!

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントでニキビを作らない方法、まとめ

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントでニキビを作らない方法、まとめ

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントでニキビを作らない方法、まとめ

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントでニキビができるのは…

・油分を含むアイテムなので、肌につくと油分が過剰になってしまう。
・髪にはよくても肌にはあまり良くない可能性がある。

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントの成分

・シリコンが使われているものはあまりおすすめしない。
・シリコンは皮膜力があり、毛穴を塞いでしまうことがある。
・シリコン自体は悪い成分ではない。
・毛穴をつまらせる可能性があるので、なるべくノンシリコン推奨。

ヘアオイル、洗い流さないトリートメントの選び方は…

・オーガニック認証を受けているもの。
・100%自然由来の成分を使っている。
・化学物質の多いものをなるべく避ける。

ニキビを作らないようにする使い方は…

・毛先など肌から遠い部分に使うだけにする。
・顔に髪の毛が触れないアップスタイルにする。
・ヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使ったあとに洗顔する。

ニキビができているときは…

・なるべく使わないようにする。
・ニキビが治ってから使うようにする。
・お医者さんに相談をしてみる。
・一旦使用を中止して、原因がヘアオイルや洗い流さないトリートメントなのか見極める。

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントは髪の毛を理想的な美しさにしてくれるので、もう手放せないという方も多いはず。

でも、それが原因でニキビを作ってしまう可能性もあるので、髪型を工夫したり肌に触れないようにする工夫が大切です。

肌に触れてしまったとしても問題がない、優しい成分を使っているヘアオイルや洗い流さないトリートメントを使うのも大事なポイントですね♪

髪の毛も肌も綺麗な女性を目指すなら、成分にこだわったものを選んだり、肌に悪影響を与えない使い方を心がけ髪の毛も肌も守りましょう!

カップラーメンはニキビが出来る!でも食べたい時のニキビ対策☆

顔の片方だけニキビが出来る時の原因と対処方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です