コレを食べたら全てが無駄!絶対に太る食べ物ワースト10!

ダイエット中のそこのあなた!

痩せたいけど痩せられない。と、嘆いているのではないですか?

何故、瘦せられないのか。

太る食べ物ばかり食べているせいかもしれません。

・具体的にどれが特に太りやすいのか
・何故太りやすいのか

こちらではランキング形式で紹介しています。

ランキングにしてみた所、どれも美味しくてつい食べたくなっちゃうようなものばっかりなんですよね。

「これは我慢するのは大変だ」と、思ってしまいましたが、これから紹介する食べ物を食べないようにしたり、回数を減らす事でダイエットに役立つと思いますよ♪

では見ていきましょう!!

絶対に太る食べ物WORST10!

絶対に太る食べ物 第10位 菓子パン

絶対に太る食べ物BEST10 菓子パン

絶対に太る食べ物BEST10 菓子パン

菓子パンはおやつ感覚で手軽に食べられるのでちょっと買って食べてしまうってことありますよね。
でも、1個が小さくて2個くらい食べちゃうんですよね~。

私も1個は物足りないし2つ買って食べてたことがあります!
だって、あんまりお腹いっぱいにならないですもんね!
でもでもでも、カロリーを見たらびっくり!

かなりカロリーが高いし2つも食べたら立派な食事。(カロリー的に)

菓子パンが太る理由

そして、菓子パンで注意したいのは油と砂糖が多いこと。
血糖値が急激に上がるので、膵臓から分泌されるインスリンが糖を下げると血糖値が急降下。

体が糖を欲しがりお腹が空いた感覚になり、また食べてしまうという悪循環に…。

菓子パンには体に悪いトランス脂肪酸も入っているものが多いので、菓子パンが好きな方はすっぱりやめるのは無理でも食べる頻度を落とす努力をしてみましょう。

2つ食べていた人は1つに減らし、食べる頻度も減らしてだんだん食べるのをやめられるようにするのがベストです!

絶対に太る食べ物 第9位 カレー

絶対に太る食べ物BEST9 カレー

絶対に太る食べ物BEST9カレー

子供からお年寄りまで、みんな大好きな家庭料理の代表的な食べ物ですが、1杯で800kcal以上あるのでダイエットには不向き。

カレーが太る理由

お茶碗で食べるよりもご飯の量が多くなりがちですし、ルーのカロリーも高いので太りやすいんですよね。

さらにカレーにウィンナーやチーズ、揚げ物をトッピングしているという方もいるのではないでしょうか?

カレーだけだとちょっと物足りない、寂しい感じもトッピングを乗せるだけで満足感もあるし見た目も良いですよね。

でも、カロリーが高いカレーにさらにトッピングを乗せるとカロリーは大幅にアップ!
カツをトッピングしたカツカレーは人気のメニューですが、カロリーが1000以上になってしまうので要注意です。

絶対に太る食べ物 第8位 ピザ

絶対に太る食べ物BEST8 カレー

絶対に太る食べ物BEST8 ピザ

もちもちの生地にトマトソース、たっぷりのチーズが美味しいみんな大好き、ピザも太る食べ物です。
シンプルにトマトソースとチーズだけのマルゲリータも炭水化物の生地とカロリーが高いチーズの組み合わせなので小さめの1枚で600kcalほどあります。

デリバリーピザのLサイズは一人で食べる人はあまりいないかもしれませんが、一人で食べるとなるとシンプルなピザでも2000kcalほど摂取してしまうかも。

トッピングを増やすと3000kcal近くなってしまう場合もあるので要注意。ダイエットの時には食べないようにしたいですね。

ピザを食べる時の一工夫で太りににくくするポイント

ピザから食べずに、まずサラダやスープから頂きましょう。
食べ順ダイエットの考え方です。
食べる順番を変えるだけ、食べ順ダイエット成功の秘訣は爆発の日

そしてやっぱりLサイズは厳禁。
量は少なめのSサイズにするべきですね。

絶対に太る食べ物 第7位 カツ丼

絶対に太る食べ物BEST7 カツ丼

絶対に太る食べ物BEST7 カツ丼

お腹が空いていてガッツリお腹いっぱい食べたい時、力を付けたい時にはカツ丼が食べたくなるしお腹が空いているほど美味しいですよね。

揚げ物にご飯、甘いたれ、トロトロの卵がたまりませんよね!
しかし、揚げ物とご飯の組み合わせですからカロリーは相当なものです…。

確かにお腹が満足するし美味しいから好きな人は多いですけど、ダイエットには不向き。

一人前のカロリーは約900kcalで、色々ある丼系のメニューの中でもカロリーが高い部類です。

親子丼は500kcalを少し超えるくらい、天丼は600kcal、牛丼やうな丼は600kcalを少し超えるくらいのカロリーになっています。

さらに、カツ丼はミニそばやミニうどんとセットになっていることもありますよね?

単品でもカロリーが高いのに、そこに炭水化物の麺類が合わさると「太るセット」が完成してしまいます。

ダイエット中や太りたくない方はカツ丼や、カツ丼のセットメニューに要注意です。

絶対に太る食べ物 第6位 清涼飲料水

絶対に太る食べ物BEST6 清涼飲料水

絶対に太る食べ物BEST6 清涼飲料水

清涼飲料水は簡単にいえば「砂糖水」です。
砂糖水をたくさん飲んだらどうなるか分かりますよね?
そう、太ります!

しかも砂糖の量がとてつもない量なんです。500mlペットボトルの4分の1、またはそれ以上の砂糖が入っていると言われています。

特に太りやすいのは果糖ブドウ糖液糖というもの。成分表にこれが書かれていたら要注意!
果糖は太りやすい糖質なので、摂取するとあっというまに太ってしまうでしょう。

清涼飲料水(ジュース)をよく飲んでいた方なら、飲む習慣をやめるだけである程度痩せると思いますよ。

ちなみに、最近はカロリーゼロの清涼飲料水も販売されてますよね。
ダイエット中ならそれを飲めば太らないんじゃない?
と、思ってしまいますが完璧にカロリーが含まれてないわけではないですし、甘味料は血糖値を上げるのでカロリーゼロの清涼飲料水ってあんまり意味がないんですよね。注意してくださいね!

絶対に太る食べ物 第5位 パスタ

絶対に太る食べ物BEST5 パスタ

絶対に太る食べ物BEST5 パスタ

パスタは炭水化物の塊のようなものですから糖質が多く含まれています。カロリーは1人前で約400kcalで、ご飯と比べるとかなり高いカロリーです。
ご飯は1食分が160kcalほどですから差がずいぶんと大きいですね。

さらに、パスタはオイルや具材、チーズなども加わりますしソースの種類によってはカロリーはかなり高いでしょう。

例えば、比較的カロリーが少なめのペペロンチーノ(約500kcal)に対して、カルボナーラは800kcalにもなります。

同じパスタでもソースが変わるだけでこんなにカロリーが変わるんですね…。
私はカルボナーラが一番好きなのでちょっとショックでした。

パスタは単品で食べると炭水化物の糖質がダイレクトに吸収されて血糖値が上がるので、太りやすい食べ物にランクインしました。

パスタも食べ順ダイエットの要領で、食べるならサラダを先に食べるとか、工夫が必要です。
手軽に食べたいからとパスタを作っても単品で食べていませんか?
もしそういう食べ方をしているなら要注意です。

安くて美味しくて、お腹いっぱいになるからパスタをよく食べる方は多いですが、ダイエットのためには頻度を落としましょう。

絶対に太る食べ物 第4位 ファーストフード

絶対に太る食べ物BEST4  ファーストフード

絶対に太る食べ物BEST4  ファーストフード

ファーストフード代表といえばハンバーガーですね。
ハンバーガーショップは色々なところにチェーン店がありますし、プチプラで手軽に立ち寄れるのも魅力です。

最近ではオシャレなハンバーガーが人気でカフェや専門店が増えてきましたよね。
オシャレなお店のハンバーガーは見た目にもこだわられているからインスタ映えするし、若い世代で大人気!

でも肉やチーズ、ベーコン、ソースを挟んだパンですから当然カロリーは高いんですよね…。
それに、サイドメニューにポテト、ナゲットとかを付けてしまいがち。
カロリーの高いハンバーガーにさらにカロリーの高いサイドメニューで太る食べ物の完成です。

他にもフライドチキンとか、ファーストフードにはカロリーが高いものが多いのでダイエット中には避けたいですね。

絶対に太る食べ物 第3位 洋菓子

絶対に太る食べ物BEST3 洋菓子

絶対に太る食べ物BEST3 洋菓子

洋菓子は炭水化物+糖質+脂肪の組み合わせが多く高カロリーなお菓子です。和菓子は脂肪が少ないので洋菓子よりはヘルシーと言われていますよね。

洋菓子の代表としてケーキについて詳しく解説しましょう。
ケーキは色々な種類がありますが、特にカロリーが高いのはチョコレートケーキ。
好きな人も多いのでショックを受けた方もいるのではないでしょうか?

1つで500kcalくらいあるので、色々な種類のケーキを食べて楽しんでいたという方は1000kcalくらい摂取してしまっていたかも。

ショートケーキは比較的カロリーが低く350kcalですが、それでもケーキ1切れは小さいですからたくさん食べると大変なことになりますよね。

大人に人気のティラミスは400kcalほど。
カロリーの低い洋菓子はそうそう無いのではないでしょうか。要注意です。

他にもアイスクリーム、ドーナツ、シュークリーム、クッキーなど、どの洋菓子も炭水化物と糖、脂質が組み合わさっているのでダイエッターの大敵と言っても過言ではありません!

絶対に太る食べ物 第2位 揚げ物

絶対に太る食べ物BEST2 揚げ物

絶対に太る食べ物BEST2 揚げ物

やっぱり上位にランクイン、太る食べ物といえば揚げ物!

ダイエット中は揚げ物を食べようとはあまり思わないし避けている方も多いのではないでしょうか?

コロッケ、唐揚げ、天ぷら、カツなど揚げ物には美味しいものがたくさんあり、食べたくなってしまいますがサクサクの衣に含まれる油がカロリーを爆上げ!

例えば野菜なら、揚げずに蒸し野菜とか茹でで食べるならとってもヘルシーでダイエット向きなのに、衣を付けて油で揚げ天ぷらにするとあっという間に太る食べ物になってしまいますからね…。

野菜の揚げ物ならまだカロリーは低く抑えられますが、とんかつやコロッケ、チキンカツなどは食材自体のカロリーが高めなので衣や油のカロリーと合わさり高カロリーになってしまいます。

最近は油を使わずに揚げ物っぽい料理が作れる調理法や電子機器があるので、どうしても揚げ物が食べたい方はそういうのを利用すると良いかもしれないですね。

絶対に太る食べ物 第1位 ラーメン

絶対に太る食べ物BEST1 ラーメン

絶対に太る食べ物BEST1 ラーメン

みんな大好き!ラーメン。

なんとなく予想はついていたと思いますが、

ラーメンは炭水化物と塩分、脂質、ほぼコレしか入っていないのですよね。
野菜が入っていたとしてもお飾り程度。
身体に悪い!と言われても仕方が無い食べ物。それがラーメンです。
私も体の事を気にしなくていいなら毎日でも食べたい位大好きです。

ラーメンには、スープには油がたくさん浮いていますよね?
スープまで全部飲んでしまうと軽く1000kcalは摂取してしまうことも少なくありません。

スープは塩分も多く、全部飲むと塩分を摂りすぎてむくみの原因に。
美味しいのは分かりますが、ラーメンを食べるならスープは5口以内で終わるように抑えておきましょう!

また、ラーメンはチャーハンとセットで食べる方も多いと思います。
チャーハンはご飯、つまり炭水化物なので太る原因になることは誰でも分かりますよね。

ダイエッターが絶対にやってはいけない、炭水化物×炭水化物
これが一番美味しいんですけどね。

炭水化物や油、塩分たっぷりのラーメンに更に炭水化物のチャーハンをプラスしたらあっという間に太るでしょう。

ダイエットをしている方や太りたくない方はなるべくラーメンは日常的に食べないように気を付けてくださいね。

結論 炭水化物×炭水化物 これが一番太ります!

結論 炭水化物×炭水化物 これが一番太ります!

結論 炭水化物×炭水化物 これが一番太ります!

太る食べ物をランキング形式で紹介してみましたが、確かにダイエットに良くない食べ物をイメージすると紹介したような食べ物を思い浮かべる人が多いかもしれませんね!

太りやすい食べ物の基本は

炭水化物+糖質+脂質

この組み合わせ。
太りたくない方やダイエット中の方は、ツライですけど、この組み合わせの食べ物を極力食べないようにするか量を控えるようにしましょう。

プンプン!じゃあ何を食べたら太らないの?

何を食べたら太らないの?

何を食べたら太らないの?

太るので食べないほうが良い食べ物について紹介しましたが、逆に太りにくいダイエットに向いている食べ物はなんなのか?
そう思った方は多いですよね?

太りにくい食べ物はたんぱく質の多い食べ物で脂質が少ないもの

・ささみ、胸肉
・赤身肉
・大豆製品
・脂肪の少ない魚
・エビ、タコ、イカ
・無脂肪ヨーグルト

などになります。

もっと詳しい【ダイエット中の人は必見!痩せ効果抜群な食材9つ】はコチラ

太りやすい料理や食べ物!覚えておきたいポイントをチェック

カロリーの高い食べ物は体に脂肪として蓄積されていくので、太らないようにするためには単純にカロリーが低いものを食べるのが基本ですよね。

でも、毎日低カロリーなものばかり食べていると食事に楽しみがなくなってしまうし、栄養も偏ってしまうおそれが…。

そこで、こちらで紹介する料理のポイントを知ってほしいのです!
太りやすい調理法や料理を知っていれば、家で簡単にダイエット向きの料理を作れますよ♪

どんな料理が良いのか?

調理法次第でカロリーは大きく変わります。
例えば同じ食材でも揚げ物にするとカロリーが大きく跳ね上がりますよね?
揚げ物に使う衣は小麦粉などの炭水化物ですし、揚げることで油を吸って高カロリーに。

メインのおかずとして食べることが多いのでたくさん食べてしまい、結果的にカロリーの摂り過ぎになってしまうんですよね。

なので、太らないようにするためにはなるべく揚げ物は控えましょう!
ご飯がすすむような揚げ物料理には注意してくださいね!

蒸し料理は油を使わずヘルシーだし、茹でないから栄養もしっかり残っているしおすすめの料理です♪

肉の脂身は避ける

肉はたんぱく質が豊富でオススメの食材ではあるのですが、脂身の多い肉は太るので要注意。
もし肉を食べるなら脂身の少ない部位を選んだり、脂身は取り除いて食べましょう。

油を極端にカットするのは健康や美容に良くないですが、大きく見える脂身はしっかり除くことをおすすめします。

脂身の多い肉はおかずとしても良く合うので、ごはんをつい食べ過ぎてしまうことにもつながるんですよね…。

脂身があるのと無いのとではカロリーが大きく違うので、太りにくい食事をするなら赤身肉やササミ肉、胸肉を選んだり脂肪の少ない調理法で食べましょうね!

バランスよく野菜を食べよう

太りにくい食材にはたんぱく質をおすすめしました。お腹も満足しやすいし、安い食材も多いので手軽に食べられるんですよね。

でも、野菜不足になると食物繊維やビタミンが足りなくなってしまうのでしっかり野菜も食べるように意識しましょう!

また、炭水化物や糖質を含む食べ物を食べる前に野菜をたっぷり食べておくと糖の吸収がおだやかになるので、太りにくい食べ方をすることができますよ♪

野菜が足りていないと便秘にもなるし、ダイエットや美容に良いことはありません。

ちなみに、野菜は野菜でもイモ類は炭水化物なので気を付けてくださいね!

食べるもので太る場所が違う?

食べるもので太る場所が違う?

食べるもので太る場所が違う?

高カロリー食品は食べると太るのは当然ですが、食べ物によって体のどこが太りやすくなるか違うんですよ。

お腹の贅肉が気になっている、肩周りが気になっている…など、食べ物の選び方を工夫するとそういう悩みを解消したり予防できるかもしれません♪

どんな食べ物がどの部分を太らせる原因になる?

・肉類…ふくらはぎ
・唐揚げ、とんかつ…肩周り
・背中…天ぷら
・お腹周り…パン、ごはん、せんべい、パスタなど炭水化物

食べ物によって太らせやすい部位があるので、意識して食べ物を選ぶとよりスムーズにダイエットができ、肥満を予防できるでしょうね♪

例えば、肩周りががっちりして肉が付きやすい方は唐揚げやとんかつを控えると肩周りをスッキリさせられるかも!

今まで好んで食べているといきなりやめてしまうのはツライ思いをしたり、ストレスがたまってイライラすることもあるかもしれません。

もし、そういう風に精神的に辛さを感じる場合には無理にやめず、頻度を減らして食べることや量を減らすことで調整しましょう。

でも、それは分かっていてもなかなか食欲って抑えられないですよね…。
もしつい食べてしまったり、食べ過ぎてしまうような方は食べたものを都度メモしてみてはいかがでしょうか?

メモを残しておくと客観的に自分を見つめ直すいいきっかけになりますし、後から反省もできるし「これ以上食べないようにしよう」と自制をしやすくなりますよ♪

ただ低カロリーのものを食べるようにするだけではなく、調理法や料理、どこに作用して太りやすいのかということまで考えて食べるものにこだわれば効果的にダイエットができ、太るのを予防していくことができるでしょう。

最初はちょっと大変かもしれませんが、だんだんと知識や経験が増えていけば簡単に食材選びや料理ができるようになりますよ♪試してみてくださいね。

炭水化物+糖or塩分+脂肪 コレには要注意!

炭水化物+糖or塩分+脂肪 コレが太る!

炭水化物+糖or塩分+脂肪 コレが太る!

高カロリーのものを食べるだけでももちろん太ってしまいますが、組み合わせ次第でさらに太りやすくなるので要注意!

例えば洋菓子やジュースの組み合わせ、たんぱく質と炭水化物の組み合わせは太りやすいので気を付けてくださいね。

炭水化物+糖or塩分+脂肪は一番太りやすいのでこの組み合わせの食べ物は控えめにするか食べないようにするのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です