ハリウッド女優も実践しいるグルテンフリーダイエットの効果と、成功の秘訣☆

「グルテンフリー」は、アスリートやモデルさんの間でも話題になっていて、最近は一般の方にもその効果が知られてきて、
ダイエットやアンチエイジングにグルテンフリーを実践している方が増えてきています。

でも、グルテンフリーって一体どんなダイエットなんでしょうか?そもそもグルテンって?
色々な疑問もありますよね。

グルテンフリーは、ダイエットに効果がある方法ですが、実は他にも色んな効果があるんです!

今回紹介しているのは、ズバリグルテンの事と、グルテンフリーダイエットのこと!

グルテンフリーは良く聞くけどどんなものなのか分かっていない…という方は、ぜひこの機会にグルテンやグルテンフリーの知識を身に着けていってくださいね♪

その効果を知れば、きっとグルテンフリーダイエットをしたくなってしまうと思いますよ!

「難しそうだな」と思うかもしれませんが、意外とポイントを意識すれば簡単にできるダイエット方法です。

グルテンとは?まずはグルテンの正体をチェック!

グルテンとは?まずはグルテンの正体をチェック!

グルテンとは?まずはグルテンの正体をチェック!

最近、グルテンフリーという言葉を聞くことが増えたので「グルテン」って体に悪いもの?
というイメージがありませんか?

でも、実はグルテンって体に悪いものではないんですよ。

「じゃあなんでフリーが広まっている?」

という理由について、これからグルテンの正体と合わせて説明をしていきますね!

グルテン=たんぱく質

グルテンには「グルテニン」「グリアジン」という2種類のたんぱく質があります。

水を加えて寝ると、これがグルテンというたんぱく質に変わるんです。
小麦粉を水で練るとモチモチ・ネトネトとした感じになりますよね?
あれは、グルテンが作られることでそういう質感になるんですよ。

小麦粉製品はグルテンを出すことで美味しくなる食べ物が多く、色々なものがあります。
パンやうどん、パスタなどもグルテンが大事な食べ物なんですよ。

確かに、これらの食べ物がモチモチとした弾力がなかったらあまり美味しそうではないですよね。

小麦粉製品は練ることで美味しい食べ物に変身していたのです!

でも、最近はグルテンでアレルギーを起こす人も増えてきて、グルテンフリーが広まっています。

もともとはグルテンフリーの健康法は、グルテンアレルギーの方のために考えられ、体調不良の改善や、体質改善を目的に考えられた物だったのです。

グルテンが病気のもとになるって本当?

グルテンが病気のもとになるって本当?

グルテンが病気のもとになるって本当?

近年の研究では、グルテンを摂ることでさまざまな病気のもとになるということが報告されています。

・婦人科系
・皮膚疾患
・消化器官
・睡眠障害
・ストレス
・神経障害

こんなに、色々な影響があると言われているんです。

実際、グルテンアレルギーではない方にもグルテンフリーの食生活を試すテストをしてみたところ、
健康状態がよくなったという結果が出たため、「グルテンフリーは体に良い」ということが知られるようになりました。

グルテンフリーはダイエットや健康効果以外にも、集中力アップ、運動能力のアップなどに期待ができるので、
アスリートにもグルテンフリーを徹底している方もいますし、体型や美容に気遣うモデルさんや海外セレブも、グルテンフリーに注目しているんですよ。

グルテンフリーの効果はまだまだ研究段階

グルテンフリーは健康、ダイエット、美容に良いとは言われていますが、まだまだ研究は途中。

絶対に健康に良いとも言えないですし、こういう効果があるというのも言い切ることができません。

まだ見つかっていない効果もあるかもしれませんね。

グルテンフリーと糖質オフの違い

糖質オフ、グルテンフリーは一緒のものと考える人も多いのですが、実はこの二つは全くの別物です。

糖質オフ
小麦粉以外にも、糖質が含まれる炭水化物を食べる量を制限する方法で、お米、じゃがいも、片栗粉、そば粉など、糖質が含まれるものを食べないようにするダイエット方法です。

グルテンフリー
グルテンの含まれる穀物は制限しますが、炭水化物すべてを制限する必要がありません。

グルテンフリーダイエットでは糖質すべてをカットしなくてもいいので、気軽に取り込める方法なんですよ。

炭水化物をカットするのって、つらいですよね。
グルテンフリーダイエットなら、完全に糖質オフしなくてもいいから実践しやすいダイエットです。

ストレスが溜まりにくいダイエットと言っても良いですね!

グルテンフリーダイエットに期待できる効果は?

グルテンフリーダイエットに期待できる効果は?

グルテンフリーダイエットに期待できる効果は?

グルテンフリーダイエットをすると、ダイエット効果としては大きくわけて3種類の効果に期待ができます。
まずは、その3種類を紹介しますね。

①食べ過ぎを予防する
②脂肪を溜めにくい
③痩せやすい体へ導く

ダイエットに良いというのが「なるほど」という感じの効果ですね!
では、ひとつずつ詳しく説明をしていきましょう。

食べ過ぎを予防する

クッキー、パンなどの小麦粉製品っていくらでも食べられるようなそんな感じがありますよね。
満足感があまりないので、ついダラダラと食べてしまったりして気がついたら食べすぎていた!っていうこと、ありませんか?

小麦粉のグルテンは中枢神経を刺激し、「もっと食べたい」と思わせる効果があるので、食べ過ぎにつながってしまうんです。

しかも、小麦粉製品は食べれば食べるほど「もっと欲しい!」と思う「中毒性」があるのも、最近は研究で分かっています。

中毒性というとちょっと怖いですが、毒があるということじゃないので安心してくださいね!

でも、食べれば食べるほど欲しくなって食べ過ぎてしまうので、ダイエットには良くないでしょう。

小麦粉製品を控え、グルテンを摂らないようにすればグルテンの中毒性による食べ過ぎを抑えられますよ!

脂肪を溜めにくい

小麦粉製品を食べるとなぜ太りやすくなるのかというと、「アミノペクチンA」と「グルテン」が含まれているから。

アミノペクチンA

小麦粉に含まれるデンプンの糖質で、血中で効率的にブドウ糖に変わっていくので、血糖値が急に上がってしまうんです。

小麦デンプンの糖質のほとんどがアミノペクチンAなので、小麦粉製品を食べるとあっという間に血糖値が上がり、体内ではこんな変化が!

・血糖値が急激に上がる
・血糖値を安定させるためにインスリンが分泌される
・余った糖が脂肪として体に溜まる

上がった血糖値を低くして安定させるにはインスリンの分泌が必要ですが、大量に糖が多くなるとそれだけインスリンも多くなります。

インスリンは、余った糖分をどんどん脂肪にする働きがあるので、エネルギーとして燃やされなかった糖が、脂肪に変換され体にどんどん溜まって、太るという仕組みに繋がるんです。

つまり、ダイエットでは血糖値を安定させてインスリンを無駄に分泌させないことが大事!

グルテンフリーダイエットでは、血糖値を上げるアミノペクチンA、グルテンの摂取を抑えられるので、脂肪を溜め込みにくくなるのです。

糖質制限ダイエットも、血糖値を上げないようにするダイエット方法ですよね。

痩せやすい体へ導く

血糖値が上がると血液の中には糖が多くなり、ドロドロ血液になります。
血液がドロドロになると、血流が悪くなったり、血管を傷つけたり健康にも悪い影響が…。

血行不良の原因

・冷え性
・代謝を落とす
・むくみ

などのもとになり、太りやすい体質になってしまいます。

代謝が落ちるということは、つまり痩せにくいということ!

摂取した脂肪や糖などをエネルギーにして燃やす働きが弱くなっているので、どんどん体脂肪になって体に溜まってしまいます。

代謝が低くなると体温が下がり、基礎代謝が低下してしまいます。
基礎代謝というのは、呼吸や内臓を働かせるために自然と使われているエネルギーのことで、機能が落ちると体の熱を作り出しにくくなるので、冷え性になりやすいと言われています。

太っていると体が熱いイメージがありますが、実は冷たいのです!

血行不良はむくみのもと

血液がドロドロで必要ない水分や老廃物が流れにくくなると、体内に溜まったままになってしまい、むくみになってしまいます。

代謝が落ち、内臓の働きも弱くなっているので、老廃物を排出する働きも弱く、便秘がちに。

便秘になると、便から発生する毒素が体をめぐり、体中が老廃物まみれに…。

便秘やむくみで体の中に老廃物が溜まっていると、それらを脂肪が包んでセルライトになります。

太ももを掴むと、ボコボコとした脂肪の塊が出てきませんか?
セルライトがあったら老廃物を溜め込んでしまっている証拠です!

血行不良が、様々な悪い症状の元凶になっていたのです!

つまり、グルテンフリーダイエットをすれば不の連鎖を断つ事が出来ます。
血液ドロドロになりにくいから、代謝を落とさず痩せやすい体質作りや、体質の維持出来ます。

グルテンフリーダイエットの効果 まとめ

グルテンフリーダイエットの効果 まとめ

グルテンフリーダイエットの効果 まとめ

みなさんは小麦粉製品を良く食べていますか?
食べていない!と思っていても、実は小麦粉は色んな食べ物に使われているので、本当に徹底していないと難しいんですよ。

例えばグラタンコロッケを挟んだハンバーガーがあるとします。
この中で小麦粉なのって、なんだと思いますか?

正解は「全部」です!

パンも、グラタンのホワイトソースも、パン粉も全部小麦粉ですよね。意外なところに小麦粉製品は隠れているんです。

小麦粉製品を控える生活をすると、

・冷え性予防、改善
・血行促進
・代謝アップ、維持
・むくみの解消や予防
・セルライト予防

こういう色々な効果に期待することができますよ!
ダイエットに役立つ効果たっぷりだから、グルテンフリーダイエットは今話題のダイエット方法になっているんですね♪

グルテンフリーダイエットは美容や心にも良い!

グルテンフリーダイエットは美容や心にも良い!

グルテンフリーダイエットは美容や心にも良い!

アンチエイジング効果

歳をとると色んな肌の悩みが増えてきますよね…。
もう、鏡も見たくない!と、コンプレックスを抱えている方も多いのではないでしょうか?

年齢を重ねると増える肌のトラブルは、

・くすみ
・シワ
・シミ
・そばかす
・ターンオーバーの低下 など。

年齢を重ねるとなぜこんなに肌トラブルが現れるのかというと、「酸化」と「活性酸素」が原因です。

酸化と活性酸素について、ちょっと簡単に説明しますね!

活性酸素

呼吸をすると体内に酸素が入ってきますが、そのうちの3%ほどの酸素は活性酸素になります。
活性酸素は、体内で増えると血管や肌など、体中の細胞にダメージを与え、肌荒れ、病気、老化など、色んな影響を与えるんですよ。

体の不調はほとんどが活性酸素が原因とも言われています。

自然に体の中で作られるのにこんなに色んな悪影響があるなんて、ちょっと怖いですね!

酸化

体内で活性酸素が細胞にダメージを与えることで起こることが酸化です。
グルテンは活性酸素の働きを活発にさせてしまうので、グルテンを摂るとどんどんトラブルを招いてしまうと言っても良いでしょう。

小麦粉製品のアミノペクチンAは血糖値を上げると、先程説明しましたよね?
糖が血液の中に増えると、体内でたんぱく質・脂質と合体してAGEsという物質を作り出します。

この物質は老化を促進させたり、肌を黄色っぽくくすませてしまうんです。

歳をとると何だか黄色っぽいようなくすみが気になるようになりますよね。
これって「糖化」といって、AGEsが原因の老化現象なんですよ!

小麦粉製品を控えれば、余計な酸化や糖化が抑えられるので、アンチエイジングになると言われています。

心の安定や集中力の向上

小麦粉製品は、食べるとコルチゾールとアドレナリンが分泌されます。

「アドレナリン」は、血糖値や心拍数を高めて脂肪を溜め込んだり、心拍が上がることでイライラしやすくなったりします。
興奮状態になるので、空腹感は感じにくくなります。

「コルチゾール」は血圧や脈拍を高める交感神経を刺激し、体をストレスに強い状態にする働きがあります。

ストレスに対応するために増えるホルモンなので、「ストレスホルモン」とも言われているんですよ。

高血糖にさせたり、免疫機能を抑制してしまうので小麦粉製品を食べ過ぎると、太りやすくなったり病気になりやすくなるなどの影響が心配ですね。

<コルチゾールとアドレナリンの分泌する仕組み>

・小麦粉製品を食べて血糖値が急激に上がる
・血糖値を安定させるためにインスリンが分泌される
・インスリンの働きで血糖値が急激に下がり、低血糖に
・コルチゾール、アドレナリンが分泌され、血糖値を元にもどそうとする

グルテンフリーダイエットをすれば、血糖値が急激に上がらないですし、コルチゾールやアドレナリンもすごく増えることはないので、
心が安定し、考える力もアップし仕事や勉強もはかどるようになりますよ♪

小麦粉製品を食べると何だか眠くなったり、集中力が落ちてしまったことはありませんか?

グルテンフリーダイエットをすれば、いつもよりも早く仕事が片付くようになるかも!

グルテンフリーダイエットで食べていい食べ物とNG食材は?

グルテンフリーダイエットで食べていい食べ物とNG食材は?

グルテンフリーダイエットで食べていい食べ物とNG食材は?

グルテンフリーダイエットをすれば、体にとっても良いことばかり!
糖質制限ダイエットよりも取り組みやすいなら、やってみようと思う方も多いと思いますが、グルテンフリーダイエットではどんな食べ物を食べたらいいのでしょうか?

意外なものがNG食材になっていたりするので、グルテンフリーダイエットを失敗しないように、食べてOKなものとNGなものをしっかり頭に入れておきましょう!

本格的なグルテンフリーダイエットでは、食材選びは重要ですよ。

グルテンフリーダイエットで食べて良いもの

主食
ごはん、ビーフン、フォー、蕎麦、春雨

おかず
卵料理、肉や魚料理、乳製品、大豆製品、野菜

調味料やアルコール
テキーラ、ワイン、ラム酒、日本酒、ワインビネガー、バルサミコ酢
たまり醤油、味噌、純米酢、リンゴ酢

おやつやスイーツ
ゼリー、果物、ナッツ、プリン、チョコ、マシュマロ、アイス
お煎餅、団子、モチ

和菓子は、洋菓子と比べるとグルテンフリーダイエット中でも食べられるスイーツですが、おまんじゅう、たい焼きなどは小麦粉を使う和菓子なので、注意してくださいね!

グルテンフリーダイエットで食べない方がいい物

主食
パスタ、パン、中華そば、そうめん、うどん、たこ焼き
お好み焼き、チヂミなど

おかず
ハンバーグ、餃子、ムニエル、揚げ物、シチュー、カレー(市販ルー)、お麩など

調味料やアルコール
麦焼酎、ビール、麦味噌、穀物酢、醤油など

おやつやスイーツ
スナック菓子、ケーキ、おまんじゅう、かりんとう、たい焼き
ホットケーキ、どら焼きなど

小麦粉といえば白い粉ですが、全粒粉もNG!
ライ麦、大麦などはグルテン自体はありませんが、グルテンのようなたんぱく質が含まれるので、グルテンフリーダイエットには向いていないんです。

ちなみに、甘味料には小麦由来があります。(麦芽糖など)
小麦由来の調味料には、グルテンが含まれていることがあるので、原材料を見てから使うようにしましょう。

意外な所に小麦粉!?注意したいポイント

・お麩はグルテンから作られている
・まんじゅう、餃子など小麦粉が皮に使われている
・天ぷら、コロッケ、唐揚げの衣は小麦粉が使われている
・シチューやカレーにも小麦粉が使われている
・小麦粉をまぶして作るムニエル

小麦粉製品というと、パンや麺類などをイメージしがちですが、意外なところに小麦粉が使われているんです!

徹底的なグルテンフリーダイエットをするなら、こういう「隠れた小麦粉」も見極めないといけないんですね。

しかも、原材料に小麦粉やグルテンという名前が無くても、調味料に使われていることもあるんです。

ただ、調味料に含まれるグルテンはほんの僅かなので、アレルギーでもない限り、そこまで敏感に避ける必要なあまりないと思いますよ。

あんまりこだわると、逆にストレスになったりするのでゆる~くやりましょう♪

グルテンフリーダイエットのやり方は?小麦粉の代わりになる食材

グルテンフリーダイエットのやり方は?小麦粉の代わりになる食材

グルテンフリーダイエットのやり方は?小麦粉の代わりになる食材

私たちの身の回りには、小麦粉を使ったたくさんの食べ物があります。
どれも美味しいし、グルテンフリーダイエットでそれを我慢するのってつらい…そう思いませんか?

でも、小麦粉の代わりになる食材を使えば、ストレスなく美味しくグルテンフリーダイエットができるんですよ♪

むしろ、小麦粉を使うよりも美味しくなるかも!
どんな代わりがあるのか、紹介していきますね。

【小麦粉の代わりになる食材一覧】

・だんご粉
・米粉
・片栗粉
・そば粉
・コーンミール
・大豆粉
・ホワイトソルガム粉(白たかきび粉)
・タピオカ粉
・おからパウダー

色々な粉がありますが、最近は便利な「グルテンフリー」の粉も販売されているので、手軽にグルテンフリーダイエットをするなら、そういうアイテムを使うのも便利ですよ♪

小麦粉製品の代わりに使うには?

お好み焼きやたこ焼きには米粉を使ったり、もちもちの食感が特徴的なチヂミは片栗粉とジャガイモのすり下ろし、餃子やシュウマイの皮には米粉やタピオカ粉、片栗粉など。

グルテンフリーの食材でも、美味しい料理が作れるので、ぜひ試してみてください!

うどん、パスタも小麦粉を使わずに米粉や片栗粉をブレンドして作れるんですよ。

麺類といえば小麦粉ですが、米粉を使ったフォーという麺類、ジャガイモと米粉で作るニョッキ、豆腐で作る干し豆腐など、グルテンフリーダイエットでは麺類も楽しめます♪

小麦粉を使わないという制限はありますが、美味しいものが食べられなくなるというわけではないので、気軽に取り組めますよ。

レシピを集めたレシピサイトでは、グルテンフリーダイエット向けのレシピ、アレンジ方法もたくさん載っています。

小麦粉を使わない料理を知りたい方は、レシピサイトも活用してみてくださいね!

野菜で麺を作る

野菜からどうやって麺を作るの?と、思うかもしれませんがとっても簡単。
ピーラーで野菜を細長く切るだけです。

野菜100%の麺なので、カロリーも糖質も控えめだし健康にも良い麺のできあがり♪

もちろん、野菜なので生で食べてもOKです。
ピーラーで細長く切るだけなので、時短で料理ができますよ。

スイーツやパンも食べられる

いくらグルテンフリーダイエットでも、パンやスイーツを我慢するのってつらいですよね。
我慢しているとストレスが溜まってしまいます。

パンもスイーツもほとんどが小麦粉を使っているので、本当に代用食材で作れるの?
と、思っちゃいますが、小麦粉を使わなくても美味しいパン、スイーツが作れますよ。

基本的には小麦粉と同じような感じで、米粉や大豆粉、おからパウダーなどを使えばOK。

粉によって食感が違うので、好みのものを探してみてはいかがでしょうか?
料理好きな方は、ぜひ研究をしてみてください♪

最近は、お菓子作り用の米粉もあって、手軽にパンやスイーツを作れるので、小麦粉を使わなくてもパンやスイーツを食べられます♪

米粉は色々な料理に活躍します。
パン、ピザ、麺類、スイーツと色々な料理に変身するので、米粉はいつでも常備しておくと便利ですよ。

揚げ物の衣にも使えますし、カリッとした食感でとっても美味しいんです。

グルテンフリーダイエットを成功させるためには?

グルテンフリーダイエットを成功させるためには?

グルテンフリーダイエットを成功させるためには?

グルテンフリーダイエットでは、グルテンを含む小麦粉製品を食べないようにすることが大事ですが、ただグルテンを避けるだけではなく、注意点を心得ておくのも大切なこと!

グルテンフリーダイエットの効果をしっかり感じるため、効率的に進めるためにも、「3つ」のポイントをチェックしていきましょう♪

・食物繊維をしっかり摂る!
・栄養バランスをきちんと考える!
・GI値の低い食べ物を選ぶ!

「GI値」というのは、ごはんを食べた後の血糖値の上がり具合を示す数値のことで、GI値が高い食べ物ほど血糖値が急激に上がり、GI値が低いものは血糖値の上がりが緩やか。

どちらが良いかというと「GI値が低い食べ物」です。

グルテンフリーダイエットで小麦粉製品を食べなくても、GI値が高い食べ物を食べてしまうと台無し…。

血糖値が急に上がってしまうので、GI値が低い食べ物を選ぶようにしましょう。

GI値が高い食べ物の代表はパン、白米、じゃがいも。
逆に、GI値が低い食べ物の代表にはナッツ類、ニンジン、りんごなど。

白米などよりはGI値は低くて、ナッツなどに比べたらGI値が高い食べ物には、とうもろこし、全粒粉製品などがあります。

GI値の高い白米は、精米する前の「玄米」の状態で食べれば、GI値が抑えられるので、ごはんを食べるなら玄米や雑穀米がおすすめです。

噛みごたえもあるので、食べ過ぎを抑えられますよ♪

ちなみに、グルテンフリーダイエット中は栄養が偏りやすくなるおそれがあります。

小麦粉はビタミン、食物繊維も含まれているので、グルテンフリーダイエットをすると食物繊維などの栄養が足りなくなり、老廃物を溜めやすくなったり、便秘になることが…。

グルテンフリーダイエット中には野菜、果物など、他の食べ物からしっかり栄養を摂りましょう。

もし、食べ物からでは補い切れないという方は、サプリメントを飲んでもいいですよ!

ちなみに、白米の食物繊維は100gあたり「0.5g」。
強力粉や薄力粉などの小麦粉は、100gあたり「3g」近く含まれているので、小麦粉製品を食べない分、食物繊維などの栄養は他で摂らないといけないですね。

グルテンフリーダイエットは万人に合うダイエット法じゃない

グルテンフリーダイエットは万人に合うダイエット法じゃない

グルテンフリーダイエットは万人に合うダイエット法じゃない

どんなダイエット方法も、体に合う方法じゃないと思うように効果が出ないことも。

グルテンフリーダイエットは専門家が、小麦粉の食物繊維、オリゴ糖がとれなくなるので腸内環境が悪くなり、ダイエットには向いてないという方もいます。

でも、他の食べ物で栄養を摂っていれば問題はないので、安心して大丈夫。
全く問題ありません。

グルテンフリーダイエットを試すなら、まずは2週間!

もし、体調がよくなったり体重が落ちるなど、良い効果が出るようなら体質に合ったダイエット方法と言えるので、
普段からグルテンフリーダイエットを意識すると体重、体質、健康、美容の維持に役立ちますよ。

グルテンフリーダイエットは、カロリーの高い小麦粉製品を控えることでカロリーそのものを減らすこともできますし、小麦粉製品に多い脂質・糖質もカットできます。

正しいグルテンフリーダイエットを続けていけば、だんだん体重も落ちてくるでしょう。

食事を我慢したり、運動をするのはつらいという方も、グルテンフリーダイエットなら小麦粉製品を控えるだけで、簡単。

取り組みやすく、健康にも良いダイエットをしたい方はぜひグルテンフリーダイエットを試してみてくださいね♪

グルテンフリーダイエットで、身体全部が健康に!

グルテンフリーダイエットで、身体全部が健康に!

グルテンフリーダイエットで、身体全部が健康に!

グルテンフリーダイエットをすれば、ダイエットにはもちろん、健康にも美容にも良い効果を期待できます!

しかも、イライラを抑えたり集中力が高まるのもすごいですね♪
グルテンフリーダイエットをすれば、大げさですけど「全部が健康になる」と言ってもいい位だと思います。

最近は、グルテンフリーダイエットが広く知られるようになって「グルテンフリー食品」も、見かけられるようになりました。

手軽にグルテンフリーダイエットができるので、あまり手間をかけずにグルテンフリーダイエットをしたい方は、そういう便利なアイテムを使ってみてくださいね♪

便秘、冷え性、むくみ、老化、ダイエットなどなど、さまざまな対策にグルテンフリーダイエットをお試しあれ!

体質が変われば、毎日がスッキリとして快適に過ごせるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です