髪の毛が原因で顔のニキビが出来る、NGパターン

顔にニキビができると、目立ってしまうので気になりますよね。
髪の毛で隠すようなヘアスタイルにしてごまかしている方も、多いのではないでしょうか。

「ニキビが治りにくい」「ニキビができやすい」などの悩みは、実はできてしまったニキビを隠すようなヘアスタイルに問題が隠されているかもしれません!

・髪の毛がニキビにどんな影響をするのか?
・ニキビを予防するためには、どんなヘアスタイルをしたらいいのか?
・どんなふうにシャンプーすればいいのか?

などなど、髪の毛のニキビに関するお話を今回の記事でご紹介したいと思います!

ニキビを髪の毛で隠している自覚がある方は特に必見ですよ!

髪の毛がニキビの原因になる理由

髪の毛がニキビの原因になる理由

髪の毛がニキビの原因になる理由

髪の毛がなぜニキビの原因になってしまうのか。
主な原因をご紹介します。
このポイントに気をつければ、髪の毛が原因のニキビは「できにくくなる」と言ってもいいのではないでしょうか!

髪の毛の雑菌が肌に付いてしまう

ニキビの原因 髪の毛の雑菌が肌に付いてしまう

ニキビの原因 髪の毛の雑菌が肌に付いてしまう

ニキビの原因になる雑菌。角質が詰まるのもニキビの主な原因ですが、毛穴に雑菌が入ってしまうこともニキビの大きな原因なんですよ。

髪の毛は外気に触れている場所ですし、汗やホコリの影響で雑菌が付着しやすいんです。

髪の毛で顔の輪郭、ニキビを隠すようなヘアスタイルをしていると、髪の毛についた雑菌が毛穴に入り、毛穴の中で繁殖して炎症を起こしたり、ニキビの原因になることがあります。

整髪料やシャンプーの洗い残しの刺激

ニキビの原因 整髪料やシャンプーの洗い残しの刺激

ニキビの原因 整髪料やシャンプーの洗い残しの刺激

髪の毛自体も肌に刺激になってしまいますが、髪の毛に付ける整髪料やトリートメント、シャンプーなども成分が肌に刺激になってしまいます。

ヘアスタイルをきめてくれる整髪料を全く使わないというのは難しいですよね。
でも、整髪料を使った髪の毛が肌に触れていると毛穴に成分が入り込んで雑菌が繁殖し、ニキビの原因になってしまうのです。

シャンプーやトリートメントは、洗残しの成分が髪の毛に残っているとそれが肌を刺激し、ニキビを作る原因になってしまうことがあります。

毛先が肌を刺激する

ニキビの原因 毛先が肌を刺激する

ニキビの原因 毛先が肌を刺激する

髪の毛が顔の輪郭やおでこに触れていると毛先がチクチクしますよね。
毛先のちくちくを感じるということは、肌に刺激を与えているということです。
肌は、刺激を感じると肌を守るために角質が厚くなったり、皮脂を多く分泌します。

固い肌はターンオーバーが鈍くなり、角質が溜まりがちになって毛穴をつまらせ、ニキビができやすくなりますし、皮脂の過剰分泌は言わずもがな、毛穴をつまらせてニキビの原因になってしまいます。

成分の強いシャンプーを使っている

ニキビの原因 成分の強いシャンプーを使っている

ニキビの原因 成分の強いシャンプーを使っている

成分が強く、汚れをしっかり落とせるようなシャンプーは頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまい、乾燥のもとになります。
頭皮の乾燥もよくありませんが、成分が強いということもあって洗い残してしまうと肌に強い刺激になり、肌荒れやニキビの原因になることがあります。

よく肌荒れするな、ニキビができるな…という方は、シャンプーの成分を見直してみてください。
原因不明の肌荒れ、ニキビは案外シャンプーが原因になっていることが多いんですよ。

スキンケアの前にドライヤーで髪を乾かしている

ニキビの原因 スキンケアの前にドライヤーで髪を乾かしている

ニキビの原因 スキンケアの前にドライヤーで髪を乾している

お風呂から上がったらまず何をしますか?
濡れた髪が嫌なので髪をすぐに乾かす…という方がいますが、スキンケア前にドライヤーを使うのはNG!

ドライヤーって結構熱い風が出ますよね。
近くで触ったらやけどをするくらい熱いです。

つまり、ドライヤーの風(熱)が肌に刺激になってしまうことがあるということ。

やけどするほど近くで使うことはないですが、スキンケアの前にドライヤーを使うと熱の刺激や風で肌が乾燥するなどして、ニキビのできやすい肌質へ進行させてしまうでしょう。

ドライヤーを使う前に必ずスキンケアをし、肌を保護してあげましょう!

洗い流さないトリートメントやスタイリング剤が顔に付いてしまっている

ニキビの原因 洗い流さないトリートメントやスタイリング剤が顔に付いてしまっている

ニキビの原因 洗い流さないトリートメントやスタイリング剤が顔に付いてしまっている

髪をつやつや、サラサラにしてくれる洗い流さないトリートメントですが、成分が髪にたくさん残ってしまい、肌にふれることで刺激になってしまいます。

スタイリング剤や洗い流さないトリートメントを使うと髪の毛がまとまりやすくなり、スタイルしやすくなるのもメリットですが、強い成分が含まれていることがあり、肌が弱い方は特に肌荒れやニキビの原因になるので要注意!

原因不明のニキビ、肌荒れがある方は、ヘアケアに洗い流さないトリートメントを使っていませんか?

洗い流さないトリートメント、ヘアオイルでニキビが出来ない様にする成分とは

髪の毛がニキビの原因になる理由まとめ

・髪の毛についた雑菌が毛穴に侵入することがある。
・整髪料が肌にふれる。
・シャンプー、トリートメントの洗い残し。
・毛先が肌に当たり刺激になっている。
・刺激を受けた肌は角質が厚くなったり、過剰に皮脂が分泌されるようになる。
・ドライヤーの熱が刺激になっている。
・スキンケア前にドライヤーを使っている。
・洗い流さないヘアトリートメントを使っている。
・スタイリング剤の成分が肌にふれる。

大人ニキビを【市販の漢方薬】で治そう!効果的なおすすめ7選

髪の毛が原因のニキビを作らないようにする方法

髪の毛が原因のニキビを作らないようにする方法

髪の毛が原因のニキビを作らないようにする方法

髪の毛が肌にふれてニキビを作ることがあることは分かりましたが、どのような方法で予防ができるのでしょうか?
髪の毛が原因のニキビを作らないようにする予防方法について、いくつかご紹介します♪

整髪料はオーガニック系を使う

ヘアスタイルをまとめるには整髪料は必要不可欠ですよね。
でも、スタイリング剤、整髪料はニキビのもとになってしまうのも事実…。

なるべく使わないほうがいいですが、使うならオーガニック系のナチュラル成分を使った整髪料をチョイスしましょう。

自然の成分を使っているので、肌に優しいですし刺激が少ないです。

オーガニックとは

オーガニックは、有機と同じ意味です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します。

国際的な規模で有機農業推進活動を行っているIFOAM( 国際有機農業運動連盟) は、オーガニックの原則として「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4項目を掲げています。

引用 日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会

アップスタイル、小物使い(ピン、カチューシャなど)で髪の毛をおさえよう

額にニキビができやすい方は、思い切ってアップスタイルにして前髪を上げてみて。
おでこに髪の毛が触れなくなれば、髪の毛が原因でニキビができることはほぼ無いといっても良いです。

フェイスラインにニキビができる方も、アップスタイルで顔周りをすっきりさせてみましょう。
輪郭を隠すヘアスタイルはもさっとしてしまいがち。

アップスタイルにしてイメージチェンジ、スッキリとした女性を目指してみましょう♪

洗顔する前に髪を洗う

みなさんは髪の毛と顔どちらを先に洗っていますか?
洗顔後に髪の毛を洗っている方は、生え際にシャンプーやトリートメントを残してしまいがちで、フェイスラインのニキビができやすくなってしまうことがあります。

洗い残しができないよう、洗顔の前にシャンプー、トリートメントをし、最後に洗顔をしましょう
もし、シャンプーの洗い残しがあっても洗顔をして落とすことができますからね♪

実はロングヘアのほうが良い!?

顔周りをすっきりさせたほうがいいなら、髪の毛はショートヘアのほうがいい?と、思いきやロングヘアのほうが実は良いんです。

ショートヘアだと顔の輪郭に毛先が触れやすく、アップスタイルがしにくいので髪の毛が顔に触れやすいんですよね。

ロングヘアだと毛先は顔よりも下にあるので、毛先が肌を刺激する心配はありません。
アップスタイルもしやすく、顔周りをスッキリさせやすいです。

ショートヘアも、ベリーショート並に短ければ顔に触れる心配はないですが、そこまで短くする女性ってあまりいないですよね。

できれば、アップスタイルができるくらいの長さにするといいかもしれません♪

髪の毛が原因のニキビを作らないようにする方法まとめ

・オーガニック系の肌に優しい整髪料を使う。
・アップスタイルにする。
・ヘアピンやカチューシャを使う。
・洗顔より先に髪の毛を洗う。
・髪を伸ばす。

髪の毛とニキビの関係、まとめ

髪の毛とニキビの関係、まとめ

髪の毛とニキビの関係、まとめ

髪の毛が原因でニキビができるのは…

・髪の毛についた雑菌が毛穴に侵入することがある。
・整髪料が肌にふれる。
・シャンプー、トリートメントの洗い残し。
・毛先が肌に当たり刺激になっている。
・刺激を受けた肌は角質が厚くなったり、過剰に皮脂が分泌されるようになる。
・ドライヤーの熱が刺激になっている。
・スキンケア前にドライヤーを使っている。
・洗い流さないヘアトリートメントを使っている。
・スタイリング剤の成分が肌にふれる。

髪の毛が原因のニキビを作らないようにするには…

・オーガニック系の肌に優しい整髪料を使う。
・アップスタイルにする。
・ヘアピンやカチューシャを使う。
・洗顔より先に髪の毛を洗う。
・髪を伸ばす。

顔のニキビは髪の毛が原因になっていることがあるのが分かりましたね。
スキンケアをしてニキビ予防するのも大事ですが、髪の毛にも原因があるなら、髪の毛にも気をつけることが大切です。

スキンケアをしているのになかなかニキビが治らない、できやすいという方は、今回の記事を参考にして髪の毛に気を配ってみてはいかがでしょうか?
ぜひ、お試しください!

最新の漢方薬が話題☆冷え性に効果的って本当?温楽散の効果とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です