【衝撃の研究結果】白米が健康やダイエットに悪い!?

私たち日本人は白いごはんが好きですよね。
最近は、海外でも白いごはんが人気なんだそうですよ。

厚生労働省、農林水産省が作る「食事バランスガイド」では、1日にごはんを3杯~5杯食べることをすすめています。

でも、健康についての研究論文に基づいて分析すると、それだけのごはんを食べていると
糖尿病のリスクが高くなる可能性ががあるというのが、分かってきているんです!

一体どんな食べ物が体に良くて、どんな食べ物が体に悪いのでしょうか?
毎日絶対にする食事だからこそ、気になりますよね。

炭水化物は体に良い?悪い?

炭水化物は体に良い?悪い?

炭水化物は体に良い?悪い?

ダイエットで今人気がある方法といったら、低炭水化物ダイエットや糖質制限ダイエットですよね。

この二つのダイエットは、炭水化物の摂取量を少なくし、脂質やたんぱく質を摂るというのが共通したやり方。

私たちのエネルギーのもとは炭水化物、脂質、たんぱく質の3つで、炭水化物は糖になり血糖値を上げることから、少なくすれば痩せられるという理由のダイエットなんですね。

でも、炭水化物には体に良くないものと悪いものの2種類があるって知ってますか?
体に良い炭水化物なら、食べても問題ないどころか生活習慣病にかかるリスクを下げるとも言われているんです。

炭水化物といえばごはん!うどん!パスタ!パン!など、太るし血糖値が上がるものばかり思い浮かびますよね?

もちろん、こういう白い小麦粉製品は、体にはあまり良くありません。
小麦を精製した炭水化物は、柔らかく食べやすい形にしています。

外側の表皮や胚芽など、栄養価の高い部分がなくなってるので、栄養価は少ないですし、ほとんど糖質しか残っていません。
それでは、食べたら明らかに太るのがわかりますよね…。

小麦を精製した「白い小麦粉」「白い炭水化物」は血糖値が上がりやすく、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化などの病気にかかるリスクを高くする可能性があることが、
最近の研究でいくつも報告されています。

つまり、「白い」がキーワードになってくるのです。

では、どんな炭水化物なら体に良いのかというと、

それは「茶色い炭水化物」です。

小麦を精製していないので、胚芽や表皮が残っているから茶色い色をしています。

よく見かける「全粒粉」というのが精製していない小麦粉を使った食品です。
なんとなく体に良さそうだな、と思ったことはありませんか?

実際にもやっぱり体に良いんです!

茶色い炭水化物は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などがたくさん含まれていて、動脈硬化、肥満などのリスクを下げる効果に期待ができるんです。

「炭水化物は太る!」という概念は覆りますね。
体に良い炭水化物なら、摂取をやめる必要など無いのです!

「え?!炭水化物は、ダイエットや健康にも悪い物だと思っていたけど。」

そう思っていた方も多いのではないでしょうか。

正しい知識でちゃんとした白くない食べ物を選べば、炭水化物は食べても良いのです!

白米が身体に悪くて、茶色い炭水化物は健康やダイエットに良い理由。

白米が身体に悪くて、茶色い炭水化物は健康やダイエットに良い理由

白米が身体に悪くて、茶色い炭水化物は健康やダイエットに良い理由

重要なポイント。「精製」

海外のとある研究によると、
茶色い炭水化物というのは、米や小麦など精製していないもののことで、ただ単に「茶色い食べ物」ではありません。

・精製されているか?
・精製されていないか?

というのが、重要なポイントで、ここで健康に良いと紹介しているのは「精製されていない物」です。

「精製されているもの」については、ここでは「白い炭水化物」と呼びますね!

すでに白い炭水化物と茶色い炭水化物についての研究はされていて、摂取量と死亡率の関係がまとめられています。

アメリカ、北欧、英国での研究で、全部で約79万人のデータから摂取量と死亡率の関係を明らかにしたところ、1日に70グラムの茶色い炭水化物を食べる人は、
茶色い炭水化物をあまり食べない人に比べて、約20%死亡率が低い結果に。

さらに、脳梗塞と心筋梗塞との関係も研究結果が出ています。

直接死亡に関わる病気なので、これははっきりと知っておきたい情報ですね!

茶色い炭水化物を1日2.5単位以上食べる人は、週に2単位未満しか食べない人に比べると、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化のリスクが約20%も低くなりました。

さまざまな研究から、茶色い炭水化物を食べることで糖尿病のリスクが下がることも分かっています。

玄米を週に200グラム以上食べる人は、玄米をあまり食べず、週に100グラム未満しか食べない人に比べると、糖尿病にかかるリスクが約10%低いことが分かったんです。

この研究では、1日に50グラムの白米を玄米にすれば、糖尿病のリスクは約35%も下げる効果に期待ができると言われています。

そば粉や全粒粉の含有量に注目!

茶色い炭水化物は、1日あたり40グラム摂取量が増えるごとに、それだけで8年間で1キロ減ることが分かっています。

「え?逆じゃない?!」

と思いますよね。

逆ではなく本当です!
茶色い炭水化物を食べれば、食べているだけで痩せられるという訳なのです!

短い期間でかなり痩せるという訳ではないです。
食べてるだけで自然と痩せられる、健康にもいいなら
今まで炭水化物は太るからと控えていた人には朗報です!

もう思いっきり食べちゃっていいって事なのです!

また、普段から茶色い炭水化物を食べる方のBMIは低く、腹囲も細くスリム、ということが分かっています。

ただし注意したいのは、全粒粉という表示があっても、精製した小麦粉が使われている場合があるということ。

全粒粉なのに精製した小麦粉を使うってどういうこと?
と、思うかもしれませんが、意外とそういうのは多いんですよ。

たとえばそば粉は、そば粉は少ししか使っていなくてほとんどが小麦粉という製品は多く、そばというよりは「そば粉入りのうどん」という感じのものが多いです。

そばを食べて健康を意識しているつもりでも、実は小麦粉を食べすぎていて、健康にもダイエットにも悪いことをしてしまっていることがあるんですね。

じゃあ、どうやって見極める?というとですが…

原材料をチェック!

原材料名は、配合量の多いものから順番に書かれているので、最初に「小麦粉」が書かれていたら要注意!

つまり、小麦粉が多く使われているということです。

全粒粉や、そば粉を選ぶときなどは原材料をしっかりチェックし、全粒粉の割合が高いものを買うようにしましょう♪

もし、そばを食べるなら「二八蕎麦」「十割蕎麦」を食べるといいですよ。
そば粉の割合が多く、小麦粉がほとんど使われていないのでダイエットや健康にいいそばです。

「少しだけ」も駄目?健康を気遣うなら、白米は食べないほど良いって本当?

健康を気遣うなら、白米は食べないほど良いって本当?

健康を気遣うなら、白米は食べないほど良いって本当?

健康やダイエットのために、白米を食べ過ぎなければ良いというのは良く見かけますよね。

「食べ過ぎなければ」というのは具体的にどれくらいなのか、人によって違うと思いますが、

健康のためには正直にいうと「食べなければ食べないほど良い」んです!

私たち日本人が昔から主食にしている白米ですが、少し食べるだけでも体に悪いというのが研究で分かっています。

白米を食べなければ食べないほど、糖尿病のリスクが低いということが報告されているのです。

当たり前のように主食にしているのに、食べないほうがいいだなんてかなりショックですよね…。

白米と糖尿病の関係

白米と糖尿病の関係についての研究は、世界的に有名な医学雑誌でもその結果が紹介されていました。

その研究方法というのは、白米を食べている人を何年にも渡って追跡し、その後病気になるのかを調べるものです。

この研究・調査によると、白米を食べる量が「1杯(約160グラム)」増えるごとに糖尿病にかかるリスクが約10%アップするという結果に。

でも、これは海外での研究ですし、昔から白米を食べている日本人なら大丈夫なのでは?と、思いますよね。

実際、日本人の白米と糖尿病の関係についても調べられていて、アメリカの栄養学会の学会誌では、その結果が紹介されたんです。

残念ながら、その報告によると日本人も白米を食べる量が多いほど、糖尿病になるリスクがかなり高くなるとのこと…。

男性を対象にした研究結果

白米を1日2~3杯食べるグループと、1日2杯以下食べるグループの男性たちを対象にした調査では、1日2~3杯も食べるグループは、糖尿病にかかるリスクが約25%となっています。

しかし、ごはんを1日2~3杯食べる人と、3杯以上食べる人では、ほとんど糖尿病にかかるリスクに差はありません。

つまり、白米は1日2杯くらい食べると糖尿病にかかるリスクが上がると考えられます。

きちんと3食白米を食べている人は、糖尿病になる可能性が高いかもしれませんね。

女性を対象にした研究結果

女性の場合は、シンプルに、はっきりと結果が出たようです。
白米を食べる量が多いほど、糖尿病にかかるリスクが高い結果になっています。

1日1杯の白米を食べる女性と比べると、

・1日2杯食べると…15%アップ
・1日3杯食べると…約50%アップ
・1日4杯食べると…65%アップ

食べる量は増えれば増えるほど、こんなに糖尿病にかかるリスクが高くなるんです。

2杯から3杯に増やすだけで、かなりリスクが高くなるのが見てわかりますね。

「パンよりごはんの方が腹持ちが良く体に良い」という話はよく聞きますよね?

でもこんな結果が出ているということは、ごはんは食べないほうが良いのではないでしょうか?

身体に悪い白米は食べる量をなるべく減らそう。できないなら運動を!

身体に悪い白米は食べる量をなるべく減らそう

身体に悪い白米は食べる量をなるべく減らそう

白米の摂取量と糖尿病の関係は、食事調査をして追跡したことなので、食生活の変化、正しい量を報告しなかった、記憶違いなどもあると考えられます。

研究者が量や回数をはかったわけではなく、一般の人に食事調査をした結果を出しているので、正確な研究とは言えないかもしれません。

でも、ここまでに出た調査結果は「まったく違う」ということはないんですよ。

白米を食べる量と糖尿病にかかるリスクは「確かなもの」なので、全く食べない生活が無理でも、控えめにしたり食べる量を減らしたほうが健康、ダイエットには良いと言えます。

もし、家族や親族に糖尿病の方がいるなら、糖尿病にかかりやすい体質の可能性が高いので、健康に悪い影響が出ないようにするためにも、白米などの白い炭水化物は、控えめにするようにしましょう。

遺伝的に糖尿病になりやすい方は、普通の人よりもリスクが大きいので、できる限りリスクを減らしてみませんか?!

1日1時間以上の運動でリスクを減らせる

白米と糖尿病の関係では、1日に1時間以上の運動や肉体労働をする人は、糖尿病のリスクがほとんど高くならないことが分かっています。

白米は食べる量が多いほど健康やダイエットに良くない影響がありますが、運動を1日1時間以上することで、白い炭水化物の悪い影響を受けにくくなるといえるでしょう。

どうしても白米を食べるのがやめられない方は、1日1時間以上の運動をすることで、太りにくい体質、ダイエット成功、健康維持など良い効果をたくさん手に入れることができますよ!

1日1時間以上の運動というのは、ウォーキングやジョギングなどがおすすめです。

買い物、通勤で歩く時間を増やすなど意識してウォーキングをしよう!と思わなくても、普段の生活の中で歩く時間が増やせるところは増やす程度で、十分だと思いますよ♪

白米が身体に悪いからと言って、摂取量は減らさず置き換える

白米が身体に悪いからと言って、摂取量は減らさず置き換える

白米が身体に悪いからと言って、摂取量は減らさず置き換える

白米など、白い炭水化物が健康、ダイエットに良くないことはわかりましたが、ただ単純に「食事を減らす」という方法で白米をただ単に抜く。というのはNGです!

食事を減らせば当然お腹が空きます。
空腹を我慢するのは、拷問のようなものだし体が「飢餓状態」になって脂肪を蓄え、痩せにくい体質になったり、逆に太ることも。

なので、炭水化物を食べないようにするのではなく、「置き換える」ことがおすすめです!

白米は私たち日本人の「主食」ですよね?
とても美味しいのですが、健康やダイエットのためには白米ではなく、玄米にしてみましょう。

白米は主食ですが、白米を主食にしなければいけないという決まりはないですよね。

だから、柔軟に考えて別のものに置き換えればいいんです!

玄米にチェンジするだけでダイエット効果や糖尿病予防に効果があることは実際に分かっていて、海外では白米ではなく玄米を食べる方も増えています。

日本でも玄米は手軽に手に入れられる食材なので、この機会に白米から玄米にチェンジしてみませんか?

主食は炭水化物じゃなくてもOK!

主食といえばごはん!パン!麺!などのイメージがありますが、必ずしも主食が炭水化物じゃなくても良いんです。

例えば、ごはんの代わりにサラダが主食になってもいいですし、魚や肉を主食にしてもいいんです。

そうすると、白米の摂取量が減るので、健康やダイエットに良いというわけですね。

私がおすすめしたいのは「ライスサラダ」です。
野菜のサラダにごはんを少量まぜ、ドレッシングと一緒にあえる料理なのですが、野菜が多くごはんの量は少ないので健康的!

あんまり馴染みのない料理かもしれませんが、レシピサイトには色々なライスサラダがあるので、ぜひ試してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です