健康に良いと思っていた食べ物、実は身体に悪い食べ物だった?!

「心も体も毎日健康と元気を保ち続けたい。」

その為には、健康に気遣い身体に良い物をこつこつ摂取するべき。

私もそうですが、多くの人がそう思っているのではないでしょうか。
今の時代、日本人の死因第一位は「ガン」。
3人に1人はガンを発症して亡くなっていると言われ、「私はガンにならない」とは言えない身近な恐ろしい病気。

日本人の死因はガン、脳血管系の疾患、心疾患が主なもので、原因は不明…。

原因がはっきりしていないからこそ、日々抱えている「未病」は放っておけないもの。

・肌荒れ
・便秘
・頭痛
・生理痛
・肩こり

こんな不快症状と当たり前のように付き合っていませんか?
薬を飲めば抑えられるからと、薬に頼った生活を送る。
歳のせい、体質だから仕方が無い。

本当にそれで良いですか?

そもそも未病は悪い生活習慣に原因がある。

そもそも未病は悪い生活習慣に原因がある。

そもそも未病は悪い生活習慣に原因がある。

私たちの身の回りには、さまざまな添加物が溢れています。
何気なく買っているスーパーの食品も、残留農薬、人工甘味料、食品添加物などが使われている。

品質を保つため、コストをおさえるため、見た目を良くするため、より多く売るためなど、利潤を追求して作られた食品を、私たちは「美味しい」と口にしています。

実は、今まで「体に良い」と思われていた物が、よくよく成分を調べてみたら体に悪い事が判明し、避けるようになった食べ物がある。

それを食べたからといって、ただちに影響がある事はないですが「体に良い」と思い込んで、沢山食べたり、積極的に買うのはいかがなものでしょうか。

だって、身体に良いどころか悪いのだから。

では、どんな食べ物が「実は身体に悪いもの」なのか?
皆さんが、多分身体に良いから。と、敢て購入していると思われるものをピックアップしました。

あなたの勘違い、今日で終わりにしましょう。

健康に良いと思われがちな、実は身体に悪い食べ物。

健康に良いと思われがちな、実は身体に悪い食べ物。

健康に良いと思われがちな、実は身体に悪い食べ物。

野菜ジュースは体に良い?実は体に悪いと言われている。

よく「体に良い」と言われている食品には、実は体に悪い食品があります。
実は体に悪いのでは?というウワサはあっても、なかなか体に悪いと思えない、健康的なパッケージデザインと原材料が体に良さそうなイメージにさせています。

野菜ジュース(紙パック)

健康、美容、ダイエット、それぞれで共通しているのは、「野菜・果物を積極的に食べてビタミン、食物繊維をたくさん摂ること」。

実際に食物繊維、ミネラル、ビタミンを含む野菜や果物にはガン、心臓疾患、脳卒中のリスクを下げ、健康維持に役立つことがわかっています。

しかし、1日に必要な野菜は多くの方が摂れていないのが現状。

厚生労働省の健康づくり運動「健康日本21」は、1日に350グラム以上の野菜を食べることをすすめていますが、そこまで多くの野菜を食べている人は、あまりいません。

健康に良いとは分かっていても、野菜や果物を積極的に、たくさん食べることはできない。それを悩んでいる方が多いのが現実なのです。

厚生労働省ではアンケート調査を実施し、「病気の予防や改善のために、野菜を食べるように意識している」という質問を投げかけました。

アンケートに回答した30歳以上の男性では45%、女性では60%以上という結果になりましたが、実際食べている量は厚生労働省がすすめる350グラムは満たせていないようです。

成人男性ではおよそ290グラム、女性はおよそ270グラムと、350グラムには届いていません。

野菜を350グラム食べようとするのはなかなかに大変です。
もっと手軽に野菜が食べられたら…。
そんな時に魅力を感じるのが、「1日分の野菜が摂取できる」というような謳い文句の野菜ジュース。

飲みきりサイズの野菜ジュースで1日分の野菜が摂れるなんて、とっても魅力を感じます。

実を言うと、私も野菜を350グラム食べることはできないと思っていたので、手軽に摂れるなら…と、野菜ジュースを朝食やランチで飲んでいました。

「1日分の野菜」という言葉で「1日分の野菜が摂れるんだ」と信じていましたが、この言葉には巧みなトリックが。

なんと、1日分の野菜の栄養が摂れるということではなく、野菜ジュースに「350グラムの重さの野菜を使った」ということなんだそう。

あたかも350グラム分の野菜を摂った事になる様なキャッチコピーですが、、、

実は野菜ジュースで1日分の野菜の栄養が摂れる訳ではないのです!
栄養はほとんど含まれていないのに、さらにショックな要素が。
体に悪い、こんな要素があるのです。

身体に悪い理由その①食品添加物がたくさん使われている

野菜ジュースの原材料表を見たことがありますか?
それを見ると、とても体に良いとは思えないでしょう。

パッケージには、

「果汁+野菜果汁=100%」
「食塩・砂糖・甘味料不使用」

など、いかにも体に良さそうな言葉が並んでいますが、実際はどうなのでしょう。

比較的、安全そうな野菜ジュースの原材料表をチェックしてみました。

<とある会社の野菜ジュース>

原材料:
野菜(ピーマン、にんじん、トウモロコシ、カボチャ、紫キャベツ、玉ねぎ、
キャベツ、アスパラガス、なす、白菜、セロリ、大根、クレソン、
ケール、レタス、ほうれん草、パセリ、明日葉、ビート)
果物(マンゴー、リンゴ、レモン、バナナ、パッションフルーツ、
アセロラ、グァバ、カムカム、パイナップル)、香料、ビタミンC

使用している野菜や果物はとても健康的ですが、最後にかかれている「ビタミンC」「香料」に注目してください。

どの野菜ジュースでも、この2つは必ずといっていいほど使われている商品がほとんど。

「2つだけしか使われていないなら良いのでは」
「ビタミンCは入っていた方が身体にいいんじゃない?」
そう思いますよね。
でも「香料」はたくさんある食品添加物を一括表示しているので、

実際には何種類の食品添加物が使われているのか分かりません。

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は酸化防止剤として使われています。
食品にもともと含まれる天然のビタミンCは体にいい成分ですが、食品添加物のビタミンCは、デンプンを加水分解する時にできるブドウ糖を使い、人工的に作られた成分。

ビタミンC自体は酸化しやすいので、なぜ酸化防止剤にされているのか?という疑問もあるかと思います。

ビタミンCは、他の食品に添加すると食品よりも早く酸化し、食品にかわって酸化していくので、食品の劣化や品質の変化を遅らせることができるんです。

決して栄養価を高める目的では無い事を覚えて覚えておいて下さい。
(栄養を強化する目的で配合される場合、表示しなくても良い)

天然由来のビタミンCと人工的なビタミンCはまったくの別物。

人工的な合成ビタミンCは、がん細胞を作る活性酸素が大量に発生するおそれがあり、WHO(世界保健機関)では、1日あたりの摂取量を体重1キロあたり「0.25グラム」までとしています。

逆に、天然由来のビタミンCは活性酸素をおさえる効果があるので、この2つの成分はまったく別物というのがわかります。

身体に悪い理由その②残留農薬が多いのでは?

私が野菜ジュースを飲まなくなった第一の理由は、野菜ジュースの野菜には残留農薬のリスクが高いのでは?という点。

考えて見て下さい。

野菜ジュースは1本あたり100円以下で売られているものが多いです。

100円で販売するためには、原材料の野菜は100円以下です。
100円以下どころか、輸送費、加工費、パッケージの費用などの経費を考えると、野菜自体の原価はとんでもなく低くしないと商売が成り立ちません。

野菜のコストを下げるために、世界中から野菜を集める必要があります。

野菜を大量生産するために、農薬、化学肥料がたくさん使った野菜もジュースにされている可能性があるでしょう。

特に注意したいのは「濃縮還元ジュース」。

のちのちジュースにされるときに水で薄め、還元させているとはいえ、残留農薬が濃縮している可能性がありますし、濃縮する時には熱を加えているので、
ビタミン、ファイトケミカルはほぼ失われている状態。

濃縮させるために、ペーストになるまで野菜を加熱しているのでほとんど栄養は無いと言えます。

普段野菜を食べるときには、そこまで加熱しないし生で食べることも多いでしょう。
つまり、野菜ジュースには、野菜そのものの栄養価はほとんど残っていないと考えていいでしょう。

加熱しても食物繊維は壊れずに残ります。
しかしジュースにする時に食物繊維が残っていると、ドロドロしたり舌触りが悪くなるので、食物繊維も取り除かれています。

野菜ジュースはほとんど野菜や果物の水分。
ファイトケミカル、ビタミン、食物繊維が少なく、残留農薬を摂取してしまうという心配がある飲み物なのです。

野菜ジュースは、野菜の栄養が十分に摂れないどころか、食品添加物や残留農薬を摂取している事になる。
私はもう一切野菜ジュースは飲んでいません。

あえて飲む理由…全く見つからないですからね。

カロリーゼロ食品

昔、カロリーゼロなら太らないし食べ続ければ痩せられると思っていて、常にカロリーゼロ食品を持ち歩いていたことがありました。

カロリーの高い食べ物はダイエットの大敵。
甘いもの、高カロリーのものを我慢している時に、カロリーゼロ食品はまるで救世主!

そんな風に思っていたこともありましたが、カロリーゼロ食品の多くは自然に存在することのない、人工的に作られた甘味料が使われています。

人工甘味料は菓子パン、お菓子、カロリーゼロドリンク、アイス、ダイエット食品など身近な色々な食べ物に使われています。

カロリーはほぼゼロなのに、砂糖の数百倍の甘みがあるのが特徴。
甘みが強いので少量しか使っていませんが、コカインよりも依存性が強いと言われ、危険を感じます。

また、ある学会では人工甘味料にはさまざまな健康被害のリスクが高まるのでは…という懸念がされています。

・ポリープ発生
・心臓、胃、肝臓、副腎の肥大
・うつ病(脳内伝達物質への影響)
・胎児の脳障害、目の異常
・精子の減少(男性の不妊)

カロリーゼロ食品はカロリーを抑えられてダイエットができるというイメージで、気軽に甘いものを楽しめるダイエッターの味方…
という感じがしますが、健康にさまざまな影響があるということが解りました。

私はそれを知ってから、もう食べるのは辞めています。

ペットボトルのお茶

身体に悪い理由その①残留農薬の心配

ペットボトルのお茶はコンビニ、スーパー、自販機など、色々な所で売られていて、健康的なイメージがありますが実は心配なポイントがあるのです。

一般的に、ペットボトルのお茶は「2番茶」を使っています。
2番茶は夏の時期に収穫されるお茶で、害虫が発生しやすいため農薬を使っている可能性が。

もちろん、家で茶葉からいれるお茶も残留農薬が含まれる可能性はあります。

ただ、お茶はそのものを食べるわけでなく、大量に飲むものでもないので、残留農薬基準が高く茶葉に残る農薬が多いとの事です。

主に使われている農薬は200種類ほどで、残留農薬基準値はかなり高く、お米のおよそ1000倍と言われています。

一部の農薬ですが、残留農薬基準値を少し紹介しますね。
(公益財団法人 日本食品科学研究振興財団・農林水産省HP参照)

※「ppm」とは濃度・割合を示す単位のこと。100万分の1。1ppm=1キログラムの農産物に1mgの農薬を含む。

「シラフルオフェン」

・米0.3ppm
・大豆0.1ppm
・茶葉80ppm

「クロラントラニリプロール」

・米0.05ppm
・大豆0.2ppm
・茶葉50ppm

「テブコナゾール」

・米0.05ppm
・大豆0.3ppm
・茶葉50ppm

「アセタミプリド」(ネオニコチノイド系殺虫剤)

・茶葉30ppm

野菜の中でも基準値が高い春菊、レタスでも10ppmほど。
茶葉の残留農薬基準はかなり高いということがわかります。

茶葉農家の一部では、日光で光分解されたり、酸素や水に半の王して分解される農薬を使っているところもありますが、どのお茶がどんな農薬を使っているのかは、記載されていないので知ることはできないのが現状。

残留農薬基準はEUのほうが日本よりも厳しいと言われています。
日本の基準値は、EUのおよそ500倍。

こんな現状なので、私はペットボトルのお茶ももう飲んでいません。

身体に悪い理由その②食品添加物の心配

ペットボトルのお茶にも品質を保つための食品添加物が使われています。
自宅でお茶をいれると、まとめて作っておくと1日で味が悪くなったり、変色をしてしまいますが、ペットボトルのお茶は変わりません。

普通、1日で変化するものが色も味も変わらず、腐らなかったりしたら不思議です。
ペットボトルのお茶は品質が保たれているのが当たり前になっていること、私はとても怖いです。

<とある会社のペットボトル緑茶>

原材料:緑茶、緑茶抽出物、ビタミンC

ペットボトルの緑茶にも、ビタミンC(酸化防腐剤)が使われているのを良く見かけます。

販売元のホームページでは、茶葉のビタミンCが加工と抽出の過程で失われるため、それを補う目的で使っていると書いていますが、栄養を強化するためなら表示しなくて良いはずです。

ペットボトルの緑茶に使われているビタミンCは、変色や酸化を防止するためのもの。

お茶の風味を維持するためには、緑茶の全体量に対して0.02%~0.04%ほど配合します。

とある大学研究グループは、市販の緑茶飲料(500ml)のビタミンC含有量は、100mg、1/5はビタミンCということがわかりました。

原材料を見るとあまり添加物を使っていない印象ですが、実際には食品添加物、残留農薬が心配なのです。

お茶を飲むなら自分でいれた方がよほど健康的ですし、ペットボトルの緑茶をあえて買って飲もうとは思えません。

ペットボトルのお茶を買うなら水にしましょう。

結局毎日の食事が大事。身体に悪い食べ物は極力避けよう!

これまでに紹介した野菜ジュースや緑茶、カロリーの低い食べ物は、どれも健康に良いとされていますが、原材料と作り方によっては、健康をおびやかすものになってしまうのです。

健康に良い、ダイエットに、野菜ジュースは積極的に飲んでいる方は、結構多いのではないでしょうか?

私も今まで健康に良いと思っていました。
でも、よくよく調べるととても飲み続けることは無理…そう思い、飲むのは一切やめています。

私たちの体を作る細胞は、全部で60兆個もあると言われています。
そのうちの6千億個は一晩で生まれ変わり、毎日だんだんと体は新しく生まれ変わっているのです。

その生まれ変わりに必要なのが、毎日食べている食べ物から得られる栄養。
食事とは、生まれ変わるための大切な毎日の習慣なのです。

スムーズに生まれ変わるために私たちに食べられている食品。
その一つ一つに、感謝の気持ちを込めて私は毎回「いただきます」と「ごちそうさま」を欠かしません。

何を飲んで、何を食べるのかで今後の健康状態は代わっていきます。
毎日の食事の時間の積み重ねで、人生を豊かにしていく。
私の健康への思い、夢です。

今では食品添加物、残留農薬を意識した食品選び、食事作りを意識しています。
毎日口にするものだからこそ、こだわりたいのです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

皆様の健康の助けになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です