食べるほど痩せる?!マイナスカロリー食材9選

若いころはスタイル抜群で自慢の体型だった!
という方も、運動をしなくなったり年齢を重ねると気が付いたら無駄なお肉でプヨプヨ…なんてことがよくありますよね。

「一回太っても運動すればすぐに痩せるから!」

と、簡単に考えていると後悔することも。
年齢を重ねると痩せにくくなるってよく聞きます。

簡単に痩せられると思っているといざダイエットしてみたら全然痩せられなくて挫折してしまい、ダイエットを諦めてしまう人も少なくありません。

ダイエットでは食事制限を取り入れるのは基本中の基本。
でも、そのために食べるものを減らすのはストレス…お腹が空いてやる気がでないなんて人も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのがマイナスカロリー食材。

そこでおすすめしたいのがマイナスカロリー食材。

そこでおすすめしたいのがマイナスカロリー食材。

マイナスカロリー食材は「摂取カロリーよりも消化するときのカロリーが多い」と言われていて、食べたら食べただけカロリーが消費される夢のようなダイエッター向けの夢のような食べ物なんです!
普通は食べたら食べただけ太るのに、その逆なんてスゴイですよね。

もし、本当に食べるほどに痩せられたらスゴイと思いませんか?

食事を減らしたくない人、運動してダイエットするのが苦手な人必見です!

ダイエット中に食べ物を極端に我慢してストレスを貯めるのは心にも体にもよくありません。
ダイエットにマイナスカロリー食材を取り入れればお腹を満足させながらも簡単に理想の体重、スタイルを目指すこともできてしまうかも…。

そんなダイエットができたらツライダイエットも楽しくなると思いませんか?
食べるのが好きだからこそ我慢はツライ!ストレス!
という方に、マイナスカロリー食材は知ってほしいなと思います♪

今回こちらで紹介するのは食べるほど痩せるマイナスカロリー食材。
なぜ食べると痩せられるのか、そのメカニズムやどんな食べ物があるのかおすすめを「9種類」紹介しますね!

どこのスーパーでも買えるような身近な食材を厳選してみました。

マイナスカロリー食材って本当?!都市伝説じゃないの?

マイナスカロリー食材って本当?!

マイナスカロリー食材って本当?!

食べるとどんどん痩せていく食べ物なんて現実的に考えて嘘くさいと思いますよね。
もしそんな食べ物があるならもっと話題になっててもいいし、ダイエットで悩む人なんていない!と、私は思いました。

マイナスカロリー食材については海外でも話題になっていて、専門家も独自の考えを出し合い論争を呼んでいます。

ある大学の教授は、マイナスカロリー食材が摂取カロリーより消費カロリーを上回るのは理屈上はあると思うが、実際には無い。
と、言っています。

そもそも食べ物の消化にかかるカロリーの量は食べ物の栄養素の○%と計算されているので、摂取カロリーよりも消化のカロリーが上回る計算結果になることはありません。

じゃあマイナスカロリー食材はただの都市伝説だったんだ…ということでしょうか。

いいえ、諦めるのはまだ早いですよ!

またとある別の専門家は、冷たいものを食べて体を冷やすと平熱を保つために体が熱を生み、代謝が高まるのでカロリーを消費しているという主張をしています。
つまり、マイナスカロリー食材を冷やして食べれば摂取カロリーより消費カロリーのほうが上回るのでは?という考えもあるんですよ。

そもそも「太る」「痩せる」とは?

そもそも「太る」「痩せる」とは?

そもそも「太る」「痩せる」とは?

食べ物にはカロリーがあります。食事をすると食べ物のカロリーが体に取り込まれ、息をしたり体を動かす、内臓を働かせるなど生きるための働きや運動をするためのエネルギーになります。

息や内臓機能でカロリー(エネルギー)を使うことを「基礎代謝」といい、運動をするときにカロリーを使うことを「生活活動代謝」といいます。

寝ているだけでも呼吸したり内臓が働くので、実はカロリーは運動をしなくても燃えているんですよ。

そして、「太る」というのは消費カロリーに対して摂取カロリーが大きい時に起こります。

カロリーを摂り過ぎていたら当然使い切れないカロリーが出てきますよね?

もし、2,000キロカロリー摂取して1日に1,700ほど消費するとします。
そうすると300が余るのでそれがどんどん蓄積していって太るんです。

ちなみに、脂肪1キロの重さはおよそ7,200キロカロリー。
消費しきれずに余ったカロリーが7,200蓄積したとき、1キロの脂肪が増えている、太っているということなんですよ。

逆に「痩せる」というのは摂取カロリーに対して消費カロリーが大きくなると痩せます。

摂取カロリーを余さず使い切れば体に蓄積するカロリーが無いので太る原因にはならないですよね。

「太る」「痩せる」というのは案外単純なメカニズム!

ダイエットに悩む人は世界中にたくさんいて、世界中で日々新しいダイエット法が生まれ、ブームになり、いつのまにか忘れられています。

テレビで取り上げられるダイエット法は一時的にブームになりますが、いつのまにかやってる人がいなくなってますよね。
ずーっとやってる人っているんでしょうか?

今流行っているのは低糖質ダイエットですよね。
炭水化物(糖質)を食べなければ痩せられると考えている人が増えていますが、基本的に難しいダイエット法をしなくても消費カロリーが多く、摂取カロリーが少なければ痩せられます。

それが「太る」「痩せる」という仕組みです。

マイナスカロリー食材を食べると痩せるのはなぜ?

マイナスカロリー食材を食べると痩せるのはなぜ?

マイナスカロリー食材を食べると痩せるのはなぜ?

ではマイナスカロリー食材をいっぱい食べたら摂取カロリーが多くなって、自然な考えでいけば「太る」んじゃないって思っちゃいますよね?

確かに、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回れば太る原因になるのですが…

食べれば食べるほど痩せるヒミツは

「食事誘導性熱産生(DIT)」です!

食べ物を「噛む(咀嚼)」「消化」「吸収」をするにはアゴを動かしたり胃腸が食べ物を消化吸収したり、エネルギーが必要です。

食べてから吸収されるまでの間で代謝量が増えることを「食事誘導性熱代謝」といい、食べ方、食べるものを工夫すると食べながらや食事後に代謝量を増やす効果があると言われています。

私たちは1日ただ何気なく過ごしているつもりでもエネルギーが消費されています。

基礎代謝や運動、食事誘導性熱産生のうちエネルギー消費が高いものはどれだと思いますか?

ダイエットといえば「運動」が大事なので運動による生活活動代謝が一番消費エネルギーが多いと思う!

と、いう方も多いかと思いますが実は違うんです!

1日の消費エネルギーは、

基礎代謝が7割、生活活動代謝が2割、食事誘導性熱産生が1割の割合になっていると言われています。

ダイエットにはさまざまな方法があり、毎日続けるのが大事と言われてもエクササイズや筋トレなど毎日するのはツライし大変ですよね。

でも、「食事」は毎日絶対にしますよね?
すごく忙しくて3食食べられなかった!という方でも1食、2食は食べていると思います。

毎日欠かさずとっている食事で生まれる食事誘導性熱産生でカロリーを消費させることで食べれば食べるほど痩せる効果につながるというわけです!

食事はエクササイズや筋トレのように頑張って行うものではなく、自然にすることなのでストレスになりにくいんですよ。

食事誘導性熱産生で消費カロリーを増やし食べて痩せるには

噛む・消化・吸収で使われるカロリーを増やすことで食事誘導性熱産生による消費カロリーを増やし、食べながら痩せる効果に期待ができます。

では、そのためにはどうしたら良いのか?というと…

よく噛む食材を選ぶ
消化吸収に時間がかかる食材

この2つにこだわることで食事誘導性熱産生の消費カロリーを増やせるんですよ。

上記の2つの項目を満たす食事がつまり「マイナスカロリー食材」となります。
では、よく噛んで食べられて消化吸収に時間がかかる食材ってどんな食べ物なんでしょうね。

スーパーでも手に入りやすい食材を厳選してみたので、そちらを参考にしてみてください♪

おすすめマイナスカロリー食材9選

おすすめマイナスカロリー食材9選

おすすめマイナスカロリー食材9選

【おすすめマイナスカロリー食材①】香りで痩せる!?グレープフルーツ

【おすすめマイナスカロリー食材①】香りで痩せる!?グレープフルーツ

【おすすめマイナスカロリー食材①】香りで痩せる!?グレープフルーツ

グレープフルーツのほとんどは水分。その他にはビタミン類、食物繊維、カトチンなどの栄養成分が豊富に含まれています。

グレープフルーツの食物繊維は「ペクチン」といって、血管や血液の健康維持にも良いことが分かってるんですって。

動脈硬化、血圧の心配がある方は積極的に食べてみましょう!
また、グレープフルーツがスゴイのは香りだけでもダイエット効果があるということ。

グレープフルーツの香りには新陳代謝を促して脂肪燃焼効果を生む効果があるんです。
匂いを嗅ぐだけで痩せられたらスゴイですよね…何の苦労もありません!

※匂いだけですぐに痩せることはないので期待し過ぎないでくださいね。

【おすすめマイナスカロリー食材②】食物繊維たっぷり!セロリ

【おすすめマイナスカロリー食材②】食物繊維たっぷり!セロリ

【おすすめマイナスカロリー食材②】食物繊維たっぷり!セロリ

セロリーには食物繊維が豊富に含まれ、他にもビタミンA、ビタミンC、ビタミンKなどの栄養素が含まれています。

栄養価が高いのも嬉しいポイントですが、セロリのおよそ75%は水分!水分にはカロリーがないので低カロリーでダイエット向きですよね♪

食物繊維が多いので噛む回数が増え、食事誘導性熱産生の消費カロリーを増やすのに効果的!

たっぷりの食物繊維が消化機能を高め、腸内環境を整えて便秘を解消。ダイエット中や女性が悩みがちな便秘の改善効果にも期待ができる嬉しい食材です。

セロリには独特の香りがあるので好みが分かれてしまうかもしれませんが、セロリが苦手でなければぜひ積極的に食べてみてはいかがでしょうか!

【おすすめマイナスカロリー食材③】水分たっぷり!スイカ

【おすすめマイナスカロリー食材③】水分たっぷり!スイカ

【おすすめマイナスカロリー食材③】水分たっぷり!スイカ

スイカは食べるだけで水分補給になるくらいたっぷりの水分がありますよね。塩をかけて食べれば甘みも増すし、熱中症予防にもなるというのは有名です。

スイカには甘さがありますがほとんどが水分なので低カロリー。
水分たっぷりだから満腹感も感じやすいおすすめのマイナスカロリー食材です。

おすすめの理由はもうひとつ!
スイカは調味料をかけずに食べられますよね?

塩をかけるという人もいると思いますが、砂糖やオイルではないので塩は問題ありません。

砂糖などカロリーが高い調味料を使わずに美味しく食べられるのもスイカの魅力であり、ダイエットにおすすめの理由です!

ただ水分ばかりが多いだけでなく、カリウムやビタミンBも含まれていて疲労回復効果があります。

カロリーは少ないですが、さくさくと動ける身軽な体になりますよ♪

【おすすめマイナスカロリー食材④】栄養たっぷり♪葉物野菜

【おすすめマイナスカロリー食材④】栄養たっぷり♪葉物野菜

【おすすめマイナスカロリー食材④】栄養たっぷり♪葉物野菜

ケールやレタス、ほうれん草などの葉物野菜は栄養価が高いおすすめ野菜♪
レタスはおよそ半分が水分、残る半分は食物繊維。食物繊維が多いと消化吸収に時間がかかるのでマイナスカロリー食材に適しています。

特に栄養価の高い葉物野菜はケールやほうれん草。
ケールにはビタミンA、ビタミンKなど骨を強くする栄養が含まれていますし、ほうれん草は消化にかかる消費カロリーが高いタンパク質も含まれています。

ダイエットに取り入れたい葉物野菜なので、ぜひ積極的に食べてみてくださいね。

最近は葉物野菜の値段も落ち着いてきましたしおすすめですよ!

【おすすめマイナスカロリー食材⑤】タンパク源!脂身の少ない肉類

【おすすめマイナスカロリー食材⑤】タンパク源!脂身の少ない肉類

【おすすめマイナスカロリー食材⑤】タンパク源!脂身の少ない肉類

肉類はタンパク質豊富で体作りに欠かせません。
ダイエットでは肉を食べないようにするという方もいませんか?

肉が太るのは脂身が多いからで、脂身が少ない肉の部位や脂身を除いた肉は食べてもいいんです!

低糖質ダイエットではササミ、鶏胸肉が主に食べられている肉類ですが、脂身を取り除いている豚肉や赤身肉ならダイエットにぴったりの食材です。

タンパク質は消化に時間がかかる栄養素なので、消化により多くのカロリーを消費できるんですよ。

消化に必要になるエネルギーが多いので代謝も一緒に高まり、健康的に食べながら痩せられます♪

霜降り肉や鳥の皮付きの肉など脂身が多い部位は脂肪分が多いので注意しましょう。

【おすすめマイナスカロリー食材⑥】ダイエットの味方!無脂肪のプレーンヨーグルト

【おすすめマイナスカロリー食材⑥】ダイエットの味方!無脂肪のプレーンヨーグルト

【おすすめマイナスカロリー食材⑥】ダイエットの味方!無脂肪のプレーンヨーグルト

ヨーグルトは乳製品なので脂肪分が多くカロリーが高くなってしまう食材で、ダイエットにはあまり向いていません。

整腸作用があり体や美容にはとてもいい食べ物でも、脂肪分が多いのであまりたくさんは食べられないんですよね。

最近、ヨーグルトの脂肪分の高さを克服したカロリーの低いヨーグルトがあるのを知っていますか?

無脂肪のヨーグルトが最近売っているんです!
ヨーグルト売り場って色々なメーカーのものがあるから知らなかったという方も多いと思いますが、よ~く見て探してみてください。

無脂肪のヨーグルトはタンパク質が多く、ダイエットにぴったりなのでもし無脂肪ヨーグルトがあったら買ってみてください♪

ちなみに、砂糖が加えられている甘いヨーグルトはカロリーが高いので、「無脂肪・無糖(プレーン)」を選びましょう。

消化器官を健康的な状態にし代謝を上げてくれる乳酸菌が豊富なので、積極的に食べたい食材のひとつに選ばせていただきました!

【おすすめマイナスカロリー食材⑦】甘いけど低カロリー!リンゴとオレンジ

【おすすめマイナスカロリー食材⑦】甘いけど低カロリー!リンゴとオレンジ

【おすすめマイナスカロリー食材⑦】甘いけど低カロリー!リンゴとオレンジ

ダイエットをしている時はやっぱり甘い物は我慢したほうが良いです。
けど、甘い物ってなかなかやめられないですよね…。
甘い物を我慢しなければならないストレスで挫折してしまった!
という方も多いんじゃないでしょうか?

そこでおすすめなのがリンゴとオレンジ。
甘みは強いのにカロリーは比較的少なく、栄養価が高く健康効果が高いおすすめの食材です。

リンゴは最近の研究で乳がんやアルツハイマーの予防に効果があることが分かってきています。

乳がんは男性もなりますが女性のほうがなりやすいがんなので、リンゴを食べてダイエットしながら乳がんも予防できたら嬉しいですね♪

オレンジはカリウム、マグネシウムなどのミネラルやヘスペリジンという成分が含まれています。

血圧や悪玉コレステロールを減らす効果があり、血管や血液の病気、脳卒中のリスクを下げることができると言われていて、健康維持にもおすすめの食材です。

【おすすめマイナスカロリー食材⑧】脂肪燃焼を促進!コーヒー

【おすすめマイナスカロリー食材⑧】脂肪燃焼を促進!コーヒー

【おすすめマイナスカロリー食材⑧】脂肪燃焼を促進!コーヒー

コーヒーはカフェインが含まれていて、脂肪燃焼効果や新陳代謝を促進する効果に期待ができると言われています。

運動する前にコーヒーを飲むと消費カロリーがアップ!
アメリカで実際に研究され、コーヒーで上がる消費カロリーは通常のおよそ15%という結果が出たんだそうです。

運動効果を高めたいときには事前にコーヒーを飲んで、効率よく運動をしましょう♪

ちなみに、ダイエット中に心配なのはカロリーですよね。
コーヒーは1カップでおよそ6kcalなので、ダイエット中にも安心の飲み物です。

でも、ガムシロップや砂糖、ミルクを入れたくなっちゃいますよね?
甘さをプラスするとカロリーが高くなってしまうので注意しましょう。
なるべくブラックで飲んでくださいね!

また、ダイエットに良いからとコーヒーを飲みすぎると急性カフェイン中毒を起こすおそれがあります。
腹痛、頭痛が主な症状です。

コーヒーの飲み過ぎは健康に悪い影響を及ぼすので、1日に5杯までを限度にしてうまくダイエットに活用しましょう。

【おすすめマイナスカロリー食材⑨】カプサイシンのパワー!唐辛子

【おすすめマイナスカロリー食材⑨】カプサイシンのパワー!唐辛子

【おすすめマイナスカロリー食材⑨】カプサイシンのパワー!唐辛子

ダイエットに一時期カプサイシンがブームになったのを覚えていますか?
カプサイシンは脂肪燃焼効果があるのでダイエットに良い!と話題になったんですよね。

また、唐辛子を使った食べ物はそのあと食欲が抑えられるので、食べ過ぎを防ぐ効果があるんです。

ついつい食べ過ぎてしまう方はカプサイシンパワーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ただ、カプサイシンは体重1キロあたり60mg以上、大量に摂取すると危険です!
さすがに唐辛子を大量に食べる人はいないと思いますが、カプサイシンは刺激が強く消化器官に負担がかかる成分なので、摂取のしすぎには注意しましょう。

唐辛子を食べてお腹が痛くなる方、ゆるくなる方は注意しながら量を調整してくださいね。

マイナスカロリー食材を取り入れてダイエット成功へ導く!

マイナスカロリー食材を取り入れてダイエット成功へ導く!

マイナスカロリー食材を取り入れてダイエット成功へ導く!

マイナスカロリー食材は科学的に効果が証明されているわけではありませんが、ダイエットにはとても良い効果を持っている食べ物なので、ダイエットに積極的に取り入れてみませんか?

ダイエット食品はお腹がすぐに空いてしまう…
食べるのを我慢すると肌荒れしてしまう…

などの悩みを起こしにくいのでおすすめです。

食物繊維、タンパク質豊富な食べ物は腹持ちが良く空腹感でツライ思いをすることは無いでしょう。

噛む・消化・吸収に必要なエネルギー量も多いので食べながら痩せられる効果を期待できるかもしれません。

ダイエットには運動が一番!と、よく言われてますが運動する時間を作ったりするのは大変だし、そもそも運動が嫌い…という方にとってストレスにしかならないですよね。

私も運動が大の嫌いなので運動はしたくないですね…。

マイナスカロリー食材なら食べるだけでダイエット効果に期待できると話題!忙しい方、運動が苦手だけどダイエットしたい方はぜひ積極的に食べてみてくださいね♪

痩せないのはデブ菌のせいだった!デブ菌を減らしヤセ菌を増やす方法☆

お風呂に入るだけで痩せる、超健康的なダイエットがあった?!

コレを食べたら全てが無駄!絶対に太る食べ物BEST10!

驚くべき発酵食品のスゴイ効果!まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です