治らない、毎日繰り返し出来るあご(顎)ニキビ、原因と対策法。

「さあ出かける準備をしよう!」と、朝起きたらあご(顎)に違和感…。
鏡を見たらあご(顎)にニキビが!
こんな朝を迎えたら、その日1日がなんだかゲンナリしてしまいますよね…。

あご(顎)のニキビは繰り返しやすく、毎日のように次はいつできてしまうんだろう。あの日は絶対にできてほしくないな…と考えてしまいます。

あご(顎)のニキビは一般的に「大人ニキビ」と言われていて、10代の思春期ニキビとは違い、20代~30代の女性がよく悩まされる種類のニキビです。

繰り返しあご(顎)にニキビができてしまう原因や、治し方、対策方法を総合病院で皮膚科の医師を勤める先生に相談し、お話の内容をまとめてみたので、繰り返しできるあご(顎)のニキビに悩まされている方は、ぜひこちらを参考にしてみてください♪

毎日のスキンケアの参考になれば幸いです!

あご(顎)にニキビ!?原因はなに?

あご(顎)にニキビ!?原因はなに?

あご(顎)にニキビ!?原因はなに?

あご(顎)の大人ニキビの原因には、大きく分けて「皮脂の出過ぎ」「ホルモンバランス」の2つの原因があります。

バリア機能の低下

皮膚はもともと肌のうるおいを守ったり、外部の刺激から肌を守るため、体温調節などの働きがあります。

肌荒れなどと関係がある働きは、微生物や化学物質、ほこり、外部刺激から肌を守ること

肌はタオル、洋服、マスク、手など、さまざまなものが触れるので色々な刺激が加わります。

だから、雑菌や刺激が加わりやすく肌荒れを起こしやすいんですね。

さまざまな刺激で肌に小さなキズができると、そこから外部刺激やアレルゲン、細菌などが入り込み、肌荒れ、ニキビができる原因になります。

バリア機能が低下していると、ちょっとしたことでも炎症を起こして悪化しやすいので、注意しないと跡が残るような肌荒れを起こすことも…。

また、肌の乾燥もバリア機能を落とす原因のひとつ。
乾燥する時期や、洗顔のしすぎ、保湿不足など、肌が乾燥する状態になっていると、バリア機能が落ちて肌荒れやニキビをつくるもとになるので、保湿ケアは重要です。

乾燥する時期は肌がピリピリ、ムズムズしませんか?
バリア機能が低下している証拠です!

ホルモンバランス

ホルモンバランスの状態が崩れると、あご(顎)にニキビができやすくなります。
不規則な生活、ストレス、睡眠不足がホルモンバランスを崩す原因といわれていますが、特にストレスが影響していると言われているんですよ。

仕事、家庭でストレスを抱え込んでいたりしませんか?
もしかするとそのストレスがあご(顎)ニキビの原因になっているかも。

ストレスが大きいと体がストレスに対抗するためにアドレナリン、コルチゾールというホルモンが分泌させます。
ストレスに対抗するためにはなくてはならないものですが、男性ホルモンを増やしてしまうのが、あご(顎)ニキビにつながるんです!

ホルモンバランス乱れてない?チェックテストで解る、あなたのタイプと対策方法☆

どういうわけかというと、男性ホルモンは皮脂を増やす働きがあるからです。
皮脂が過剰に分泌されるようになってしまい、角化異常を起こすことで皮膚が厚くなり、毛穴が皮脂や角質で詰まりニキビができやすくなります。

毛穴に皮脂がつまると、皮膚にもともといるアクネ菌のエサが増えすぎ、アクネ菌がどんどん増えることで炎症が起こり、ニキビができる原因、悪化の原因になるんです。

女性なら月経もホルモンバランスを崩す原因になるので、その時期には気を付けていないと、悪化ニキビをつくってしまうかも。

生理が始まると、排卵までの間はエストロゲンが多く分泌されます。
逆に排卵が終わると次の生理が始まるまでの期間、プロゲステロンというもう一種類の女性ホルモンの分泌量が増えるようになっています

この女性ホルモンの変化は妊娠するためになくてはならない変化なのですが、プロゲステロンは皮脂の分泌量を増やす働きがあるので、肌荒れしやすくなります

みなさんは生理前になると肌が油っぽくなったり、ニキビができるようになりませんか?
これは、プロゲステロンが増えるからだったんですね。

食生活の乱れ

皮脂の分泌を増やす食べ物、不規則な食生活はニキビの悪化の原因になります。
皮脂の分泌が増える食べ物、飲み物にはコーヒー、紅茶などのカフェインが多い飲み物や、脂肪分の多い食べ物などがあります。

脂っこいものを良く食べる方、コーヒーや紅茶をブレイクタイムのたびに飲む方は要注意!

また、お酒はビタミンを壊してターンオーバーを乱し、肌の生まれ変わりや修復のしにくい状態にしてしまうので、お酒の飲み過ぎにも気を付けましょう。

健康にもよくないのでお酒はほどほどに。

胃腸の調子が悪い

ストレス、暴飲暴食は胃腸に不具合が生まれます。
便秘になると腸の動きが悪くなって血液、リンパなど、体のめぐりが滞り、肌のターンオーバーも鈍くなってしまいます。

下痢は食べ物の栄養をきちんと吸収できないため、これも肌にとって必要な栄養が届きにくくなるのでいけませんね!

繰り返しできるあご(顎)ニキビを改善する方法は?

繰り返しできるあご(顎)ニキビを改善する方法は?

繰り返しできるあご(顎)ニキビを改善する方法は?

繰り返しあご(顎)ニキビができ、治っている時が無いくらいだ…となると、毎日鏡を見るたびにうんざりしますよね。
そんな気分とサヨナラするためにはどうしたら良いのか、その対策方法についてご紹介します!

ひとつひとつ方法を紹介していくので、自分に合う対策方法を試してみてくださいね♪

洗顔をきちんとする

洗顔が適当だったりすると、皮脂やメイク汚れが残ってしまいます。
これらの汚れは細菌の贅沢なごはんに…。
細菌が増えてニキビや炎症を起こすことがあるので、1日の汚れはきちんと洗顔して落としましょう。

だからといって何度も洗顔したり、ゴシゴシと洗うと逆に乾燥肌になってトラブルを起こすもとになるので要注意。

たっぷりの泡を肌に転がすようにして洗い、余計な刺激を与えたり、必要以上に皮脂を落とさないようにしましょう!

スキンケアのやり方を見直す

毎日しているスキンケアのやり方は間違えていませんか?
スキンケアで大事なのは保湿をすること。
肌の状態を保つためには、毎日の保湿は重要なお手入れです。
たまに保湿をするだけだったり、乳液は塗らない、化粧水をけちっているなど、保湿が不十分だとスキンケアの意味がありません!

肌に合う保湿化粧品でしっかりうるおいを与え、クリームや乳液を使って水分が蒸発しないようにするところまでしっかりケアしましょう♪

食生活の見直し

・脂っこいものをたくさん食べない
・糖質の多い食事にならないようにする
・1日3回バランス良い食事をとる
・カフェインの多い飲み物はほどほどに
・お酒の飲み過ぎに注意

皮膚科で相談する

自分ではなかなかニキビを良くすることができないなら、皮膚科で相談するのも手です。

ニキビの治療は、炎症ニキビを抑える治療が昔の一般的な方法でしたが、今のニキビ治療は角化を防ぐことでニキビができないようにする薬を使うようになっています。

炎症を起こしたニキビは、アクネ菌、細菌類が増えるのを抑えたり殺菌するための抗生剤が処方されることもあります。

皮膚科では塗り薬や抗生剤、ビタミンCなどが主に処方されるようです。

ただのニキビで病院なんて大げさと思うかもしれません。
でも、ニキビって「尋常性ざ瘡」という正式名称があるんです。
ニキビだって皮膚の疾患!気になることがあれば皮膚科で相談し、正しい方法で治療していきましょう♪

大人ニキビは体質から改善する漢方薬で治す。症状別の選び方

ニキビの改善方法、化粧品や市販薬、おすすめの治療方法ランキング

痛いフェイスラインのニキビ、原因と治療方法

あご(顎)ニキビの改善、予防におすすめの食べ物

あご(顎)ニキビの改善、予防におすすめの食べ物

あご(顎)ニキビの改善、予防におすすめの食べ物

毎日の食事でとりいれる食材は未来の肌をつくる大事な材料になります。
食べているものがダイレクトに肌の状態につながるので、毎日食べるものにはこだわってみましょう。

どんな食べ物があご(顎)ニキビに良いのかまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

・ビタミンA(ターンオーバーを促し、肌の生まれ変わりをサポートする)

レバー、うなぎ、ホタルイカ、しそ、にんじん、モロヘイヤ、パセリ、卵、ほうれん草、明日葉、春菊、大根葉、よもぎなど

・ビタミンB2(角化を防ぐ作用や皮脂の過剰分泌を抑える)

レバー、ハツ、イカナゴ、うずらの卵、鴨肉、納豆、いくら、チーズ、モロヘイヤ、うになど

・ビタミンB6(肌のターンオーバーを促進する効果や、皮脂分泌のコントロール)

にんにく、マグロ、酒粕、レバー、カツオ、鮭、鶏肉、ピスタチオ、サンマ、イワシなど

・ビタミンC(抗酸化作用、美白作用があり美容成分としてよく知られている)

パプリカ、ユズ、パセリ、アセロラ、芽キャベツ、レモン、ゴーヤ、柿、いちご、ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリーなど

・ビタミンE(抗酸化作用がありアンチエイジングに効果的、血行促進効果もある)

いくら、あんきも、たらこ、うなぎ、大根葉、かぼちゃ、パプリカ、アーモンド、ハマチ、うに、カニ、レバーなど

ほかにも腸内環境を整える食物繊維や、ミネラルも健康や美容のために大事な栄養素です。

色々な食材を取り入れ、バランス良く栄養をとることが大事なので、ぜひこちらで紹介したおすすめの食べ物も参考にして食べてみてくださいね♪

体に良いからと1つだけをひたすら食べるのは、バランスがいいとは言えません。

色々な食材、栄養を取り入れたバランスの良い食事を目指しましょう!

あご(顎)ニキビの原因と改善方法、まとめ

あご(顎)ニキビの原因と改善方法、まとめ

あご(顎)ニキビの原因と改善方法、まとめ

ホルモンバランス、食生活、スキンケアなど、あご(顎)のニキビには色々な原因があることが分かりました。

原因が色々あるのはもちろん、改善方法も色々ありましたね。
いきなり全部の対策方法を意識するのは大変かもしれませんが、少しずつトライしていけばあご(顎)ニキビが繰り返しできることもなくなるかもしれません♪

地道なスキンケアやセルフケアで、ニキビのない肌を目指しましょう!

あご(顎)ニキビは繰り返しできやすく、毎日鏡とにらめっこしている方もいらっしゃると思います。

対策をはじめても今すぐに繰り返しできるニキビをなくすのは難しいかもしれませんが、努力をしていけば改善も無理ではないです。

理想の肌を目指し、少しずつ対策を始めていきましょう。

それでもなかなかニキビが治らず繰り返したり、悪化をしてしまったときには無理をせず、皮膚科で相談をしてください。
薬を使った治療も視野にいれ、跡を残さないように治していきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です