最新の漢方薬が話題☆冷え性に効果的って本当?温楽散の効果とは

女性は男性よりも冷え性になりやすいと言われています。
筋肉量の違いや薄着、ダイエットを良くしているのが主な原因とされています。

病気ではないのであまり問題視することは少ないものの、中医学では冷えからさまざまな病気につながるおそれがあるとして、治療すべき病と考えています。

実際、冷え性だと冬は手足の感覚がなくなるくらい冷たくなってしまったり、夏でも冷房がきいている室内だとつらいということがありませんか?

冷え性からくる体調不良や肌荒れなど、体が冷えて良いことなど何もありません。

冷えを改善することで健やかな体、美しい肌を保つことができるのですよ。
そこで、おすすめしたい冷え性対策用のアイテムが「温楽散」という商品です。

漢方由来の商品なので、ただの健康食品ではありません!
きちんと薬効があるので冷え性の改善に期待ができるんですよ。
どんな冷え性に効果を期待できるのか、調べてみました。

温楽散はどんな冷え性に効果を期待できる?

どんな冷え性に効果を期待できるの?

どんな冷え性に効果を期待できるの?

温楽散は血のめぐりを促し、体の中から温める効果に期待ができます。
冷えからくる下痢、生理痛、むくみ、肩こり、疲労、食欲不振、生理不順、腰痛、頭痛などです。
効能を見てみると、さまざまな冷え性のタイプに効果があるのではと感じますね。

冷え症にもタイプがあった?!大きく5つに分かれます

実は、冷え性にはタイプがありそれぞれ特徴があるんですよ。
温楽散は、さまざまな冷え性を改善へ導く効果に期待できそうです。

虚血タイプ

・生理不順
・ツメ割れ
・髪の乾
・肌荒れ
・めまい
・動悸
・立ちくらみ
・顔色が悪い
・手足の冷え

瘀血タイプ

・クマ
・生理痛
・手足の冷え
・シミ
・肩こり
・アザ

気滞タイプ

・ストレス
・のぼせ
・過食
・情緒不安定
・胃腸の不調

水滞タイプ

・むくみ
・下痢
・だるい
・胃腸の不調
・腹痛
・お腹の冷え
・手足の冷え

気虚タイプ

・食欲不振
・風邪
・虚弱体質

温楽散で改善に期待ができる症状の冷え性タイプが色々あります。
どのタイプの冷え性にも温楽散は効果があると言っても良いのではないでしょうか。

色々な冷え性|どんな特徴がある?

冷え性にはどんな特徴があるの?

冷え性にはそんな特徴があるの?

冷え性には色々なタイプがありますが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか?
簡単に特徴をまとめてみました。

エネルギーの不足による冷え性

冷え性の特徴 エネルギー不足

冷え性の特徴 エネルギー不足

体内でエネルギーを作り出す働きが低下していることで体が冷える冷え性には「気虚」「血虚」の2種類の冷え性タイプがあります。

体力低下、老化、虚弱体質、疾患持ちなどが原因で体が弱っている方が注意すべき冷え性で、尿のトラブルやむくみ、腰痛、腰の冷えなどの症状があります。

冷えは強く、手足の冷えは手首や足首の方まで冷たくなってしまうほどです。

比較的症状が軽い場合の冷え性の場合でも
月経血が少ない、顔色が悪い、息切れ、疲労感、下痢、食欲不振などの症状があり、特に月経や出産を機に冷えが強くなるとも言われています。

一般的にエネルギー不足による冷え性の場合は、

「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」
「八味地黄丸(ハチミジオウガン)」
「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」
「人参栄養湯(ニンジンエイヨウトウ)」
「十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ)」などを飲みます。

しかし、冷えが強い症状の重い冷え性の場合には、エネルギーを生み出す働きをサポートする漢方薬の
「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)」を飲むこともあります。

体内循環の滞りによる冷え性

冷え性の特徴 体内循環の滞り

冷え性の特徴 体内循環の滞り

体内循環が滞ることで体の隅々まで血が届きにくく、末端が冷えたりさまざまな病気のもと、むくみにつながります。

ストレスや環境の変化で自律神経のバランスが崩れると、体内循環が崩れて血や水のめぐりが滞ると言われています。

循環の滞りによる冷え性には「水滞」「気滞」「瘀血」の種類がある。

体内の余分な水分が排出されずに溜まることでむくみや冷えの原因です。
余分な水分の排出を促す効果がある
「桂枝加苓朮附湯(桂枝加苓朮附湯)」
「牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)」
「八味地黄丸(ハチミジオウガン)」などを飲み、水分の排出をうながすことで改善を目指します。

体に余分な水分が溜まると、部分的に冷えることがあります。
水は下のほうが冷たくなる性質があり、足元は冷たいのに顔はほてる症状を持つことがあります。

この症状の冷え性は「瘀血」によるもので、冷えているからと温めてしまうと余計に顔が熱くなったり赤くなってしまうので、温めるのは逆効果。

循環をスムーズにさせることで改善させることができると言われています。
血行や水分のめぐりを整える「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」を飲むと良いとされています。

温楽散を飲む以外にも対策を取り入れよう

温楽散を飲む以外にも対策を取り入れよう

温楽散を飲む以外にも対策を取り入れよう

温楽散は冷え性の改善に効果的な商品ですが、ただ取り入れるだけではなく毎日の生活の中で冷え性を改善すると言われている対策方法も取り入れましょう。

ちょっと工夫して取り入れるだけで、より効果的に冷え性を改善することができます。

温楽散を飲みながら心がけて欲しいポイントについてまとめてみました。

①服装の工夫

冷え性はお腹、足元、首元を冷やすと悪化すると言われています。
服装は極端な薄着を避け、エアコンがきいている室内や電車に入っても大丈夫なように上着を持ち歩きましょう。

また、寒い時期には腹巻きがおすすめです。
腹巻きなんてださいし恋人に見られたりしたら恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、最近の腹巻きはとても可愛いものがたくさんあるので見られても恥ずかしくありません。

体を温める服装も大事ですが、締め付けないようにすることも大事です。
体を締め付けると血行が阻害されて血のめぐりが悪くなるので、冷え性を悪化させるおそれがあります。

なるべくゆったりめに着られるものを選び、体を締め付けるファッションは避けましょう。

②お風呂に浸かる習慣を

半身浴など、お風呂に長く浸かるのは体を芯から温めるのに効果的です。お風呂の中で手足を動かしたり、揉んだりして末端の血行を良くしましょう。
熱すぎるお風呂は脱水などを起こすおそれがあるので、自分が快適だと思う温度のお風呂に入ってください。

③運動をする

冷え性対策に運動をしよう

冷え性対策に運動をしよう

血行を促進し、余分な水分の排出にも効果的な運動はおすすめです。
運動する時間をあえて作るのではなく、通勤や帰宅、買い物で歩くように意識するくらいで構いません。
ジムに通うようにするとか、決まったメニューをこなそうとすると挫折するケースが多いので気楽にやってくださいね。

④食べ物、飲み物は温かいものを

冷たい飲み物や食べ物は体の中から冷やし、内臓の温度が下がります。
体内から冷えると温めるのが大変ですし、胃腸の働きを悪くしてしまうので食べ物や飲み物は常温か温めたものにしましょう。

冷え性に用いられる漢方薬

冷え性の改善に用いられる漢方薬には色々な種類があります。
漢方薬の種類と効能について、こちらにまとめています。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)
腰痛、手足の冷え、下腹部痛、頭痛、しもやけ

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
腰の冷え、手足の冷え、顔色、生理前症候群、生理不順、むくみ

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
下半身の冷え、生理不順、生理痛、のぼせ

加味帰脾湯(カミキヒトウ)
血行促進、体の冷え

人参湯(ニンジントウ)
胃腸の不調

温経湯(ウンケイトウ)
冷え性、生理不順

六君子湯(リックンシトウ)
手足の冷え、食欲不振、疲労感、貧血

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)
冷え性

柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
不眠、不安、情緒不安定、自律神経の乱れによる冷え

加味逍遙散(カミショウヨウサン)
更年期、イライラ、疲労、のぼせ、生理不順、冷え

五苓散(ゴレイサン)
むくみ、尿が少ない、めまい、下痢、口の渇き

真武湯(シンブトウ)
下痢、全身の冷え、めまい、胃腸の不調

冷え性に効果があると言われる漢方薬には、このように色々な種類があります。
人それぞれの体質や体調、症状によって飲む漢方薬が変わるのでなるべく漢方に詳しい医師に処方してもらうのがおすすめです。

漢方は相性の良し悪しを見極めるのが難しいのです。

温楽散は、効能を見る限りどんなタイプの冷え性にも対応していると言えます。
漢方の選び方が分からない方は、こんなにたくさんの種類の漢方薬を見て分からないという方も多いでしょう。

温楽散なら、漢方薬の種類を選ぶことなく手軽に摂取することができるので手っ取り早く冷え性対策をしたい方は温楽散をお試しください。

温楽散の販売情報

温楽散の販売情報

温楽散の販売情報

漢方で副作用なく、冷えを改善♪温楽散を是非試してみては?!

冷え性は病気ではありませんが、万病のもとになる重大な症状です!
改善方法には色々あり、たくさん試してきたという方もいると思いますがなかなか治らないんですよね。

頑固な冷え性には薬を用いるのも大事なこと。
でも、心配だから体に負担をなるべくかけたくないものですよね。

そこで、温楽散がおすすめなのです!
自然由来のものから作られる漢方なので、体に優しいですし自然由来の薬の効果で穏やかに冷え性を改善へ導きます。

もちろん温楽散を飲む以外にも生活習慣の改善なども取り入れていくべきですが、温楽散を毎日に取り入れることで効果的な冷え性対策が可能になるでしょう!

漢方薬には色々あって冷え性に効くものがあるのは分かっている。
けど、どれを飲めばいいのか分からない…という方は、温楽散を飲んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です