ダイエットにオススメの肉NO1☆ラムとマトンの効果がスゴイ

ダイエットをする上で、カロリーが低くヘルシーな食べ物や食事は基本中の基本とされてきましたが、それではただ「体重が落ちるだけ」。

最近のダイエットでは、肉を積極的に食べる「肉ダイエット」が話題になっています。

肉ダイエットとは、脂肪の少ない赤み、レバーなどを主食にするというもの。

消化吸収に時間がかかり、内臓が長く働かされるので体の中から活性化し、脂肪燃焼効果が期待できます。

肉には脂肪燃焼をサポートする成分のカルニチンがたっぷり含まれているので、実はダイエットに向いている食べ物なんですよ。

特に、ダイエットに良いと言われているのは羊肉の「ラム」「マトン」です。

クセがある印象なのであまり好きじゃないという方もいるかもしれませんが、最近のラム肉は昔のように処理が甘くないので、クセが少なく食べやすいんですよ。

ラム肉は鶏肉や牛肉、豚肉と比べてかなり栄養価が高く、ダイエット中の肉好きの方にぴったり。

ちなみに、「マトン」は生後2~7年の大人の羊で、「ラム」は生後1年未満の子羊のことです。

ダイエットにラムやマトンがオススメな理由!

ダイエットにラムやマトンがオススメな理由!

ダイエットにラムやマトンがオススメな理由!

肉類でもヘルシーな肉といえば、カロリーや脂肪の少ない鶏肉や、牛肉よりもカロリーが低く健康にも良い豚肉。

でも、ラムやマトンはダイエットそれよりもダイエット向きと言われています。
それは一体なぜなのでしょうか?

家庭でも良く食べる肉とカロリーを比べてみましょう。

・牛肉(肩肉):約290kcal
・鶏肉(もも肉):約200kcal
・豚肉(肩肉):約240kcal
・ラム肉(肩肉):約230kcal

このように、肉類のカロリーを比べてみると羊肉はヘルシーということが分かります。

ただ、羊肉よりも鶏肉のほうが少しカロリーが低いですよね?

ここで落とし穴なのが、鶏肉は脂肪燃焼効果のある「カルニチン」があまり含まれていないこと。

カロリーは低くても脂肪燃焼効果がほとんど無いので、ダイエット向きなのはラム肉ということになります。

ラム肉の脂肪は吸収されにくい脂肪

肉にも含まれる脂肪はダイエット中にはなるべく控えたいものですが、ラムやマトンの脂肪は牛や豚など、他の肉の脂よりも体に吸収されにくい脂です。

ラム肉を見ると結構脂っぽいんだなぁと感じると思いますが、吸収されにくい脂なので第得よウブ。

そのヒミツは「肉が溶ける温度」の「脂肪の融点」です。

ここでも色々な肉と比べてみましょう。

・牛肉:40~50度
・鶏肉:30~32度
・豚肉:33~46度
・ラム肉:44~55度

鶏肉や豚肉などの脂肪の融点が低い肉は、脂肪が体内で溶けやすく、融点の高い肉の脂は体内で溶けにくい脂。

ラム肉は融点が高く、体内で脂肪が溶けるスピードが遅く、体内に吸収されにくいので、吸収される前に体の外に排出されます。

だから、ラム肉を食べても脂肪がつきにくいんです。

ラム料理を食べたことがある方は、脂っこいなと思ったこともあるかと思いますが、融点が高いので食べても問題ないんですね。これからは安心して食べられそうです♪

体を温めてくれるラム肉

ラム肉は中国伝統医学に基づく薬膳で、体を温める作用のある食べ物に分けられています。

体を温める作用があるので、ラム肉は寒い地域では良く食べる肉のひとつ。

体の冷えは健康や美容に良くありません。
血流が少なくなり、老廃物が溜まったり病気になりやすくなったり、肌にも老廃物などの悪い影響が出てくるでしょうね。

また、内臓機能を低下させ、代謝が落ちるので太りやすく痩せにくい体質のもとに。

ダイエットを効率的に成功へ導くためには、体を温めることが重要なポイント!
ラム肉は、その「体を温める」という重要ポイントをクリアします♪

冷え性がダイエットを失敗させる?温活ダイエットのすすめ

ラム肉の栄養素!ダイエット中に嬉しい代謝アップ効果が♪

ラム肉の栄養素!ダイエット中に嬉しい代謝アップ効果が♪

ラム肉の栄養素!ダイエット中に嬉しい代謝アップ効果が♪

ラム肉はヘルシーで、脂肪の吸収もされにくいダイエット向きの肉ということが分かりましたが、実はまだまだラム肉がダイエット向きの理由があるんですよ!

美味しいだけでなく、とことんダイエット向きのラム肉はダイエッターの味方です♪

ダイエットにぴったりの理由をひとつずつ、説明していきますね。

脂肪燃焼に効果バツグン!L-カルニチンが豊富

「L-カルニチン」とは、エネルギーの消費に重要な働きをしている成分です。

脂質は体内に取り込まれると、細胞の中(ミトコンドリア内)で脂質がエネルギーに変換されます。

脂質を細胞に運んでいるのがL-カルニチンで、L-カルニチンがなければ体に脂肪として残ってしまうんです。

エネルギーを消費するため、太りにくくするため、L-カルニチンは大事な役割がある成分なのです。

L-カルニチンはアミノ酸のひとつの物質で、ラム肉には肉類の中でもトップクラスに多く含まれています。

エネルギーを消費させ、脂肪燃焼に効果的なのでダイエットにぴったり。

もともと体の中で作られる物質で、外から補給しなくても生成されるのですが、20歳ころをピークにだんだん作られる量が減ります。

L-カルニチンの少なくなった状態で、若い時と同じ様な食生活をしていると、あっというまに太ってしまいます。

中年太りの原因のひとつです。

また、年齢を重ねると肉類をあまり食べなくなったりすることもあるので、L-カルニチンが不足してしまいます。

ダイエット中にはL-カルニチンを摂ることで、脂肪を効率的に燃やせるので、積極的に摂っていきましょう。

しかし、肉類はL-カルニチンが多い食材ですが、肉の種類によって含有量はさまざま。
100グラムあたりの肉に含まれるL-カルニチンを比べてみましょう!

・豚肉:35mg
・鶏肉:4.55~9.10mg
・牛肉:約60mg
・羊肉(ラム):80mg
・羊肉(マトン):約209mg

比べてみると、羊肉はL-カルニチンが多く、特にマトンにはかなり多く含まれているのが分かりますね。

ラム肉はL-カルニチンがたっぷりで、脂肪を効率的に燃やしてダイエットをサポートしてくれるので、ダイエットにぴったり。

疲れ、だるさを緩和させる効果もあるので、忙しい方にも嬉しい食べ物なんですよ。

腸内環境改善や脂肪を分解、不飽和脂肪酸が豊富

ラム肉は「オメガ3系脂肪酸」「オメガ6系脂肪酸」が含まれています。
これらは、腸内環境を整えたり、脂肪の分解をしやすくしてくれる「不飽和脂肪酸」です。

不飽和脂肪酸は、植物オイルに多く含まれる脂肪酸なのですが、ラム肉は含まれています。

これは、他の肉類ではあまりない特徴なんですよ。

身体の不調は超が原因?!腸内環境を改善すれば全てがよくなる!?

オメガ3系脂肪酸

植物オイルでは亜麻仁油、えごま油に多く含まれています。
青魚のDHA、EPAなどもオメガ3系脂肪酸に分けられます。
オメガ3系脂肪酸の代表的な「α-リノレン酸」は、体の中で作ることができない必須脂肪酸です。

オメガ6系脂肪酸

代表的な脂肪酸には「リノール酸」があります。
体の中で作ることのできない脂肪酸で、植物オイルでは大豆油、コーン油に含まれています。
血中コレステロール値を下げる効果があり、健康にとても良い脂肪酸です。

身体に必要不可欠!必須アミノ酸が豊富

血管、筋肉、内臓、皮膚など、私たちの体はアミノ酸の働きで支えられ、体の約20%はアミノ酸から作られています。

私たちの体を作っているのはたんぱく質ですが、そのたんぱく質を作るために20種類のアミノ酸が働いています。

そのうち、9種類は体内で作ることができないアミノ酸で、「必須アミノ酸」と呼ばれているアミノ酸です。

「9種類の必須アミノ酸」というのは、

・トリプトファン
・イソロイシン
・バリン
・トレオニン
・フェニルアラニン
・ヒスチジン
・ロイシン
・リジン
・メチオニン

この9種類が、ラム肉に豊富に含まれる必須アミノ酸です。

また、リジン、フェニルアラニンは皮下脂肪や内臓脂肪の分解を活発にする「リパーゼ」という、脂肪分解酵素の働きを活性化してくれます。

内臓脂肪と皮下脂肪、どちらにも脂肪分解効果があるので、ダイエッターには嬉しいアミノ酸です。

豊富なビタミンB群

ビタミンは私たちが生きていく上でとっても大切な栄養成分で、足りないと欠乏症を起こしてしまい、健康に悪い影響があります。

ラム肉に多いビタミンBは、「ビタミンE」「ビタミンB1」「ビタミンB2」です。

ビタミンE

抗酸化作用に優れるビタミンEは、「美肌のビタミン」とも呼ばれています。
また、毛細血管を広げ、血行を良くする効果で代謝を高め、冷え性の予防改善や、エネルギー消費を増やすなど、ダイエットにも良い効果を持っているビタミンです。

ビタミンB1

豚肉に多く含まれていることでよく知られるビタミンB1は、疲労回復に効果的なビタミンです。
糖質の代謝を高め、エネルギーにしやすくするサポートをします。

ビタミンB2

脂質、糖質、たんぱく質をエネルギーに変える働きを持つビタミン。新陳代謝を活発にし、美肌効果や成長に役立つことから、美容のビタミンや発育のビタミンとも呼ばれています。

たんぱく質が豊富

一昔前は「食べるのを我慢するダイエット」が流行っていましたが、最近のダイエットは筋肉を付けて基礎代謝を高め、脂肪を燃やすのが主流です。

今のダイエットは食べないダイエットより健康的に痩せられます。

たんぱく質は、脂肪の代謝を増やす効果、食べたものの栄養をエネルギーにしたり筋肉の材料になる、などの効果が。

ラム肉にはたんぱく質がたくさん含まれているので、痩せやすい体作りをしながらダイエットができます。

ただ、ラム肉を食べているだけで筋肉が自然とついていくわけではありません。
筋肉を付けるためには、有酸素運動や筋トレなどの運動が必要です。

ハードな運動じゃなくてもいいので、体を動かすことにも意識してみましょう!
最近は動画サイトで、簡単な筋トレ、運動法を紹介している方も多いですよ。

そういうのを参考にしてみると良いかもしれません。

鉄分が豊富

必須ミネラルの一つの鉄分は、肉類に多く含まれていて、疲労回復や貧血の予防、改善に効果があります。

でも、鉄分は基礎代謝にも関わる、ダイエットに嬉しい成分なんです。

代謝には「酸素」が必要です。
酸素は血液によって全身に運ばれますが、鉄分不足になると酸素を運ぶ血液が少なく、基礎代謝の低下に繋がります。

ダイエットをしていると、食事を制限したりして鉄分不足になりがちなので注意したいところ。

ラム肉には鉄分がたっぷりなので、ダイエット中に不足しやすい鉄分もしっかり摂れますよ♪

女性は毎月生理もあるので、ラム肉は女性に嬉しい食べ物と言えるかもしれませんね。

ちなみに、鉄分は非ヘム鉄とヘム鉄があります。

「非ヘム鉄」は、植物性の食品に含まれる鉄分で、体への吸収率はあまりよくありません。

妊娠中など、鉄分が特に必要な時には吸収率が高まる鉄分です。

「ヘム鉄」は、動物性食品に含まれる鉄分で、非ヘム鉄の3倍~5倍の吸収率。
効率的に鉄分が補給できるので、鉄分をスムーズに摂取するなら、ヘム鉄が断然おすすめです。

もちろん、ラム肉は動物性なのでヘム鉄を含んでいます。

ラムやマトン、ダイエット中におすすめの食べ方

ラムやマトン、ダイエット中におすすめの食べ方

ラムやマトン、ダイエット中におすすめの食べ方

ラム、マトンはダイエット中におすすめということは分かりましたが、どんな風に食べればいいの?と、思う方も多いでしょう。

あまり普段から食べない肉なので、食べ方はちょっと気になりますよね。

豚や牛、鶏と同じ様に食べていいの?臭みは?などなど、ラム肉初心者の方に、おすすめの食べ方を紹介します♪

普段使う肉をラム、マトンにチェンジ

ラム肉はダイエットに良いですが、ラム肉だけを食べるのは栄養が偏るので、普段使っている肉をラム肉に置き換えるところからスタートしましょう。

最近のラム肉を食べやすいとはいえ、それでも豚や牛とは少し違う風味です。

もし、ラム肉の風味が苦手だったり気になるなぁという方は、カレー、トマトなどで煮込んでみてはいかがでしょうか?

カレーやトマト煮込みにはスパイスを使ったり、たっぷりの食材の出汁が出るので、ラムやマトンの臭み、クセが気にならなくなります。

煮込み料理、ソースで風味を和らげるのが美味しく食べるコツだと思いますよ。

ラムしゃぶ

最近、ラムしゃぶなる料理も人気がありますよね。
ポン酢やゴマダレで食べるラムしゃぶはとっても美味しい!
ヘルシーな調理法ですし、野菜もたっぷり食べられるのでおすすめです♪

ラムしゃぶのレシピはこちら

王道、ジンギスカン

ラムといえばジンギスカン。ラムしゃぶよりこってりした料理で楽しみたい方は、ジンギスカンがおすすめ!
野菜も一緒にたくさん食べられるからヘルシーですよ。

ラム、マトンはスーパーではあまり置いていない所も多く、手に入りにくいことも。

もしスーパーに置いていなかったら、肉の種類が多い大型スーパー、肉屋さんをチェックしてみましょう。

外食でも最近はラム肉を使ったお店、ラム肉専門のお店も増えてきているので、外食に行くならラム肉を扱っている所に行くのもおすすめですよ。

ジンギスカンのレシピはこちら

クックパッド 羊肉のレシピ 

ラムやマトンをもっと食べやすく!臭み消しの方法

ラムやマトンをもっと食べやすく!臭み消しの方法

ラムやマトンをもっと食べやすく!臭み消しの方法

ダイエットをしたいからラム、マトンをダイエット中に使うお肉にしたいと思っていても、臭みやクセがなかなか受け入れられない方もいると思います。

カレー、煮込み料理は臭みがスパイスでわかりにくくなるのでおすすめですが、それ以外の料理でも、肉は使いますよね。

もっと普段の料理の中でラム肉を使いやすくできるよう、簡単な臭み消しの方法を紹介したいと思います。

脂身を取り除く

ラム肉の脂身は体に吸収されにくいので、脂が多く見えても食べ過ぎなければあまり気にするものではありません。

でも、肉の臭みは主に脂身から出ているので、取り除ける脂身は取ってしまいましょう。

臭いやクセの原因の脂身を取るだけで、かなり食べやすくなりますよ。

ちなみに、脂身が少ない部位はロースやもも。
脂身の少ない部位を選ぶのも良いかもしれません。

下味にお酒を使う

肉の下味を付けるときに、日本酒、白ワイン、赤ワインなどのお酒を加えて漬け込みます。
ときどき肉をひっくり返して、1時間ほど漬け込めばクセはほとんど取れているでしょう。

下味にはにんにく、リンゴ、ショウガ、ローズマリーなどを使うのがおすすめです。

牛乳に漬け込む

ラム肉がひたひたに浸るくらいの牛乳に漬け込みます。
牛乳にはたんぱく質が豊富に含まれていて、そのたんぱく質がラム肉の臭いの物質を吸着してくれるから、臭み消しの効果があるんです。

ラム肉を牛乳に30分~1時間漬け込みます。
臭いは牛乳に移るので、ラム肉を調理する前に肉についた牛乳はしっかりと拭き取るか洗ってくださいね。

もっと詳しいラムの臭み消し方法はこちら

羊肉のラムとマトン、ダイエット効果が高いのは・・・マトン!

羊肉のラムとマトン、ダイエット効果が高いのは・・・マトン!

羊肉のラムとマトン、ダイエット効果が高いのは・・・マトン!

羊肉は「ラム」と「マトン」があります。冒頭で少し紹介しましたが、

「マトン」は2歳以上の大人の羊、
「ラム」は生後1年未満の子羊のことです。

また、ラムとマトンの中間の「ホゲット」という羊肉もありますが、今回は一般的な「ラム」「マトン」を紹介しますね。

味や食感にも違いがあり、ラムは「柔らかい・クセが少ない」のに対し、マトンは「クセが強く味がしっかりしている」。

食べるならラムのほうが美味しそうな感じがしますが、ダイエットで食べるなら断然マトンがおすすめです!

その理由は、大人の羊肉には脂肪燃焼効果のある「L-カルニチン」が多く含まれているから。

つまり、マトンのほうがラムよりも脂肪燃焼効果が高く、ダイエットで食べるならマトンのほうが良いということ!

もちろん、ラム肉でも良いですが、よりダイエット向きの羊肉を食べたいなら、マトンを選ぶと良いですよ♪

ただ、マトンはクセが強いので、どうしても駄目だなぁという方はラム肉でも大丈夫です。
最終的には、無理なく食べられるほうを選んでくださいね。

ラム、マトンをダイエット中に食べていたら太った。何で?

ラム、マトンをダイエット中に食べていたら太った。何で?

ラム、マトンをダイエット中に食べていたら太った。何で?

ラム肉はダイエット中におすすめの低カロリーで太りにくい肉と紹介しましたが、それでもダイエット中に食べていたら「太った」という方がいます。

ラム肉を食べたら体重が増えてしまったという方は、こちらの注意点を見てみてください。

もし思い当たることがあるなら、食べ方が悪いのかもしれません。

いくらでも食べて良いと思っている?

ラム肉は確かに肉類の中でも低カロリーですが、好きなだけ食べて良かったり、食べれば食べるほど痩せるわけではありません。

こんな風に思っている方は絶対に太ります!

ラム肉は他の肉よりもカロリーが低く、脂肪も吸収されにくいのでダイエットに向いていますが、あくまでも他の肉より「太りにくい」というだけ。

毎日好きなだけラム肉を食べまくっていたら、太るのは当たり前ですよ。

食べ過ぎている

ラム肉は低カロリーで脂肪が吸収されにくい肉ですが、「肉」なので好きなだけ食べていれば太ります。

脂以外の部分に含まれるカロリーは、普通に体に吸収されていくので、食べ過ぎないように適正な量を決めて食べましょう。

たんぱく質は太りにくい栄養成分ですが、摂りすぎれば体の中で脂肪になって溜まってしまいます。

【朗報】食べ過ぎがリセットできる♪食べた物を吸収しない方法があるんです!

他の食べ物やタレが高カロリー!?

ジンギスカン、ラムしゃぶなどに使うタレは甘いものがあり、カロリーが高いことがあります。

タレの使いすぎに気をつけ、しゃぶしゃぶならポン酢などのヘルシーなタレを使うと良いでしょう。

また、ジンギスカンはごはんが欲しくなってしまいますが、ごはんの食べ過ぎには注意。
もちろん、お酒を飲む場合も飲み過ぎには気をつけましょう。

いくらラムが太りにくくても、他のものを好きなように使ったり食べたりすれば意味がありません。

低カロリーなたれのレシピはこちら

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは基礎代謝が落とし、太りやすく痩せにくい体質にしてしまいます。

基礎代謝が低いと、ヘルシーなラム肉を食べても、体が溜め込みやすい状態になっているので、太ってしまうことがあるんです。

ダイエットは消費カロリーを摂取カロリーより多くすることも大事。
ラム肉を食べているだけでは痩せないので、運動をして消費カロリーを増やしたり、筋肉を付けることも意識しましょう。

適度な運動、睡眠をきちんととるなど、普段の生活を見直して、太りにくい体、痩せやすい体を目指してくださいね。

生活習慣が整えば、だんだんスムーズに痩せられるようになるでしょう。

ヘルシーなものを食べるだけでは痩せないこと。
生活習慣を改善し、痩せられる体に整えることが大事。

というのは覚えておきたいことです!

ダイエット中は脂肪燃焼効果があるラム、マトンを味方につけよう!

ダイエット中は脂肪燃焼効果があるラム、マトンを味方につけよう!

ダイエット中は脂肪燃焼効果があるラム、マトンを味方につけよう!

ラムやマトンなどの羊肉は、ダイエット中に食べてもほとんど太る心配がない、ダイエット向きのお肉ということが分かりました。

脂肪燃焼効果、たっぷりの栄養など、ラム肉はダイエット中の味方です♪

ダイエットはつい肉を食べないようにしてしまいますが、これからのダイエットは「肉を食べるダイエット」が注目されています。

ダイエット中でも肉が食べられるなんて、かなり嬉しいですよね。

ぜひ、ダイエット効果を高めたり、健康にも良いラム肉をダイエットの味方にしてみてくださいね!

ダイエット中にオススメ、高たんぱく低カロリーな食べ物ランキング

冷え性も改善!ダイエットの近道、基礎代謝を上げる方法。

ダイエット失敗の元、リバウンドしない方法を学ぶ

ダイエットは食事が重要!痩せる食習慣で成功を目指そう

ローフードダイエットって何?酵素で痩せられると話題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です