老廃物を身体から出さないと!デトックスの仕方、完全版

みなさんは自分の身体にどれ位の老廃物が溜まっているんだろう。

と、考えた事はありますか?
目に見えるものではないので、あんまりそういう意識って無いですよね。
でも、体に老廃物や有害な毒素が溜まりに溜まると、肌や体質に思わぬ影響を及ぼすって、
なんとなくは想像できるでしょうか。

なかなか体重が減らない
あまり食べないのに太りやすい
肌荒れを繰り返す

このような悩みはありませんか?

それ、老廃物が溜まっている代表的な症状なんです!!

老廃物は美容や健康に悪影響があるので、日常的に排出(デトックス)できるように意識していきたいもの。
でも、具体的に老廃物とは何なのか?という疑問が多い方もいるでしょう。

そこで今回は「老廃物」と「デトックス」に焦点を絞り徹底的に解説しましょう!

老廃物とは何なのか?どういう影響があるのか、体から排出する方法を一挙に大公開しています。

体の中から綺麗・健康を目指したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

老廃物って一体何?

老廃物って一体何?

老廃物って一体何?

食べ物や飲み物から栄養素を吸収し、体で活用ができる形の栄養に作り出すときに余る不要物や毒素です。
栄養素は血管を通り体中の細胞に運ばれ、細胞の中で体を動かし働かせるためのエネルギーとなります。

でも、食べ物から栄養が吸収されたあとには不要なもの・残りかすが出ますよね。
例えば野菜や果物のジュースを作ると果汁と皮や種に分かれるように。

胃腸を通り栄養が吸収され残りかすとなった食べ物の二酸化炭素、アンモニア、尿酸、有害ミネラル、腸内細菌の死骸が老廃物で、疲労物質や毒素が含まれているので体内に溜まると悪影響を及ぼします。

でも、毒素や疲労物質はそのまま体に残り続けることはありません!
体はとても素晴らしい仕組みを持っていて、汗、尿、便として老廃物を排出することができるのです。(デトックス)

しかし、排出する機能はあっても体に溜まってしまうことがあります。
なぜ、全て排出することができず体に毒素や老廃物が残ってしまうのか?その理由は。。。

デトックスできてない?老廃物が溜まりやすい生活習慣。

老廃物が溜まりやすい生活習慣

老廃物が溜まりやすい生活習慣

消化吸収に時間がかかるものばかりを食べている

脂肪の多い肉、魚など動物性の食品は消化に時間がかかり、半日ほどの時間が必要です。
お刺身は比較的消化されやすく、2時間もあれば消化されるのですがステーキや焼き肉は要注意!
未消化のものが体内にとどまる時間が長く毒素や老廃物が溜まりやすいと言われています。

食べる順番が良くない

食べるものの順番を意識したことはありますか?
血糖値コントロールで野菜や海藻類を先に食べた方が良いというのは良く聞きますが、老廃物を溜めにくくする効果もあるんですよ。
消化の遅いものから先に食べると、本来短い時間で消化されるものが体内にとどまり、体温で傷み腐っていくことで毒素が発生するんです。

ストレスが多い

イライラしたり、心が不安定になっているとつい暴飲暴食したり逆に食欲が無くなってしまうことはありませんか?
心の乱れは食生活の乱れを招き、毒素が溜まりやすい食生活につながることがあります。
嫌なことがあって食べることでストレスを発散したことはありませんか?
ストレスの多い生活はそういう毒素を溜める食生活を重ねてしまい、体内にいらないものを溜め込んでしまうのです。

食品添加物たっぷりの食べ物

私たちが食べているものには、食品添加物が使われているものが多くあります。
主に加工食品に多く使われていて、インスタント食品やレトルト食品、加工肉などたくさんの食べ物に含まれているんです。
原材料名を見たことがありますか?色々と聞き慣れない成分が色々入っていますよね。
食品を長持ちさせるためには必要な成分が多いですが、必要以上に摂取すると体内を汚す結果になってしまうでしょう。

これらは毒!なるべく避けたい事や、デトックスしたいもの。

これらは毒!なるべく避けたい事や、排出したいもの。

これらは毒!なるべく避けたい事や、排出したいもの。

農薬(残留農薬)

農薬は野菜や果物を生産する上で、なくてはならないもの。

・害虫駆除
・害虫や害獣を寄せ付けない
・殺菌
・除草
・病気予防、治療
・成長促進
・品質の安定

このように、農薬には色々な効果を持つ薬があります。
効率的に作物を生産するためには農薬を使うことは効果的で、多くの農家で農薬は使われています。

最近では「無農薬」が人気ですが、無農薬で育てるのはとても大変なことで、莫大なコストと手間がかかり商品価格も上がってしまいます。

確かに、無農薬野菜や果物ってお値段が高いですよね…。

農薬は食べる前に野菜や果物を洗うことで表面についてものを落とすことができますが、洗い流しきれなかったものや内部に入り込んだ「残留農薬」は食べることになります。

科学的な農薬の成分が体の中に溜まったら、健康や美容に良くないことは明らかですよね。

食品添加物

食品添加物は香料、着色料、甘味料、保存料など食品の味を調整したり、見た目や香りの調整、保存を目的にして使われるものです。

厚生労働省が安全性を確かめたものだけが使われているので、口にしても問題はありませんが、
食品添加物たっぷりの食べ物は食品添加物を使用していない食べ物にくらべて腐りにくいのを知っていますか?

数ヶ月経っても、食品添加物たっぷりの食べ物は腐らず見た目が変わらないんです。まるで食品サンプルのように…。

そういう不自然な食べ物を口にするのは怖いものですよね。

食品添加物は加工食品に多く使われているものなので、インスタント食品やコンビニ弁当、加工食品を良く使う方は要注意です。
体に食品添加物を溜め込まないようにするには、加工食品を多く使わずにやはり自炊が一番です。

石油由来製品

私たちの身近には石油由来製品が溢れています。
化粧品、シャンプー、リンス、食器洗浄洗剤、歯磨き粉、生理用ナプキン、おりものシートなど日常生活の中で使うものばかりです。

石油から作られたものを肌に塗ったり、口にするなんてちょっと怖いですよね。
石油由来製品は「経皮毒性」があると言われていて、肌から体内に化学物質が侵入していきます。

特に、生理用ナプキンなどデリケートゾーンに使用するものは要注意。
粘膜からの化学物質の吸収量は多く、体内に侵入してアレルギーや婦人病のもとになると言われてるんです。

健康を脅かす石油由来製品は、なるべく使わないかデトックスして毒素を速やかに排出したいですね。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、植物油を高熱処理し水素を加えて硬化油に下降する過程で作られる
自然界にはない不自然な油。
トランス脂肪酸の構造はプラスチックの構造と似ていて、プラスチックを食べるようなものと言われることも…。

自然界にないので土の中でも分解されないトランス脂肪酸をたくさん摂取したら、体の中が汚れてしまうのはハッキリと分かりますよね。

しかし、そんな恐ろしい成分は身近な食品にたくさん使われています。
揚げ物、パン、クッキー、コーヒーのミルク(小さなカップに入ってるやつです)、マヨネーズ、シュークリームなどなど。

原材料を見てもトランス脂肪酸とは書かれていないことも多いのですが、見極めるポイントはこちら。

・加工油脂
・ショートニング
・マーガリン
・ファットスプレッド

これらの表示がある場合、トランス脂肪酸が使われている可能性が大。

実は、トランス脂肪酸は危険なものだと判断し、アメリカでは2018年までにトランス脂肪酸の使用を全廃すると発表しているんです。

日本も早く、トランス脂肪酸の制限をして欲しいものですね。

重金属

学生の頃にイタイイタイ病や水俣病を習いましたよね。
それらの病気は、産業が発展する過程で河川や土壌が汚染されることで、そこに住む住民が病気を発症し、トラブルになりました。

この病気の原因は「重金属」。

今は工場の廃棄物をそのまま流して汚染することはほとんどなくなり、重金属による病気は問題とされていませんが、重金属は産業廃棄物が体に入るだけでなく、
身近なものからも体に入り込んできます。

・水銀…農薬、食用魚
・カドミウム…排気ガス、タバコ、畑の作物
・鉛…ガソリン、土壌、絵の具
・ヒ素…除草剤、海産物、殺虫剤

知らない所で重金属は体の中に取り込まれ、アレルギーや免疫機能の低下、不妊など様々な影響を及ぼすと言われています。

お子さんがいる方なら、一度は勉強したり指導されたと思いますが、マグロなどの魚は水銀が含まれるので食べる量を制限されたりしましたよね?

魚は体にいいですが、食べ過ぎは重金属が心配なのです。

老廃物が溜まるとどんな影響がある?

老廃物が溜まるとどんな影響がある?

老廃物が溜まるとどんな影響がある?

血液やリンパの流れが悪いと体に老廃物が溜まり、さまざまな悪影響を及ぼします。
みなさんはこんな悩みを抱えていませんか?

ダイエットをしているのになかなか痩せない
老廃物が溜まり血流やリンパの流れが悪くなると新陳代謝が低下し、脂肪が溜まりやすく燃えにくい体質になってしまいます。

便秘体質でお腹が苦しい
代謝の低下により腸の働きが弱くなり、便をとどめがちになってしまいます。

むくみでパンパン
老廃物の排出がとどこおり余分な水分とともに体内に残ることでパンパンにむくんでしまいます。

肌荒れしやすく繰り返す
代謝の低下、便から発生する毒素などが悪さをして肌に影響します。
老廃物が毛穴につまりニキビ、吹き出物、くすみ、炎症を起こしやすくなります。

太ももがオレンジの皮のようにぼこぼことしている
体内の老廃物と脂肪細胞や水分が合わさり、性質が変わるとセルライトになります。
おしり、太もものボコボコとした脂肪が特徴です。
なかなか落ちないので厄介な存在ですよね。

冷え性
代謝が低下することで体内で生み出す熱が少なくなり、体が冷えがちになります。

風邪を引きやすい
老廃物が溜まると、血流が悪くなり代謝が低下すると体の隅々に必要な栄養を届けられず、
免疫力が低下して健康を維持しにくくなり風邪を引きやすくなります。

アレルギー症状が複数ある
老廃物や毒素はアトピー性皮膚炎、じんましんなどのアレルギーとも関わっていると言われています。

もし、こんな悩みがあるなら老廃物が溜まってしまっているのかもしれません。
「ただの体質だから」という一言で終わらせていませんか?

ちゃんとデトックスすればその悩みもスッキリ解消されるかもしれません。
今回、こちらの記事ではデトックスの方法についても紹介しているので、よかったら最後までチェックしてみてくださいね♪

老廃物が溜まりやすい場所。8つのリンパ節。

老廃物が溜まりやすい場所。8つのリンパ節。

老廃物が溜まりやすい場所。8つのリンパ節。

全身にあるリンパ管の中に老廃物は溜まりやすいと言われています。全身を半日かけてゆっくりめぐり余分な水分、老廃物を汗や尿と一緒に排出していきます。

体の節々にはリンパ節というリンパが溜まる場所があり、体を巡るリンパ管よりも節々にあるリンパ節に老廃物が溜まりやすくなっています。

リンパ節は体の色々なところにありますが、特に大きなリンパ節は「8つ」あります。
つまり老廃物は体の8箇所に溜まりやすいといえるでしょう。

その8箇所というのは、

・太ももの付け根
・ひざの裏
・ひじ
・鎖骨
・脇の下
・おなか
・耳の後ろ
・あごの下

この8箇所です!
「そういえばむくみやすい場所だな」って思いませんか?
老廃物が溜まりやすい場所だからむくみが出やすいんですよ。

デトックスと肝機能の関係

デトックスと肝機能の関係

デトックスと肝機能の関係

肝臓は体内の有害物質(老廃物)を解毒し、体の外に排出するデトックスをする主役の臓器です。
食べ物や飲み物を消化吸収したあとにできる体に必要ない老廃物、毒素、体の外から侵入する細菌、アルコール、薬物などを無害なものにすることを「解毒」と言います。

私たちが健康でいられるのは、肝臓が有害なものを無害なものに解毒しているからなんですよ。
肝臓の働きが悪くなって解毒できなくなったら、生きていくことはできません。

肝機能が低下すれば体内に残る老廃物の毒性がいつまでも残り、体のあちこちにさまざまな不調をもたらしてしまうんです。

つまり、肝臓が元気であればデトックスがスムーズに行われるということ!
肝臓を元気にするには食事が大切です。
では、肝機能を高める食べ物はどんな食べ物があるのでしょうか?

肝機能を高める食べ物

・キャベツ
・にんにく
・カボチャ
・シジミ
・牡蠣
・大豆製品
・梅干し
・シナモン
・大根
・わさび
・ピーナッツ
・レバー
・いわし
・卵
・まぐろ
・イカ

比較的、食卓に上がりやすいものをピックアップしてみました。
肝臓の元気を応援するためにも積極的に食べるようにしてみてはいかがでしょうか?
お酒を良く飲む方、お酒が好きな家族がいらっしゃる方にもおすすめですよ!

キレート作用とデトックスの関係

そのままでは体に吸収されにくい栄養素を吸収されやすい形にしたり、老廃物や毒素が排出(デトックス)されやすい形にする働きのことをキレート作用と言います。

体内に有害なものが流れ込むと、血流に乗って全身に運ばれます。
その有害なものをキャッチして排出してくれる食べ物があるんですよ。

「食べてデトックス」をするなら積極的に取り入れていきたいものなので、ぜひこちらの食品を毎日の食事の中で活用してみてください♪

キレート作用を持つ食べ物

・グレープフルーツ
・アボカド
・ねぎ
・玉ねぎ
・リンゴ
・オクラ
・ブロッコリー
・にんにく
・ニラ
・海藻類
・アスパラガス
・玄米

キレート作用で期待できる効果

・栄養素の吸収率がアップする
・新陳代謝アップ
・美肌効果
・免疫力アップ
・アンチエイジング
・ダイエット

体に必要ないものや有害なものを排出させることで体内循環が良くなります。
ぜひ、「食べてデトックス」を試してみてくださいね♪

体の中をすっきりデトックス!おすすめの方法を紹介

体の中をすっきりデトックス!おすすめの方法を紹介

体の中をすっきりデトックス!おすすめの方法を紹介

毎日の生活の中で手軽にできるデトックス方法を簡単に紹介します。
難しいことは紹介していないので、ぜひすぐにできるものは今日や明日からでも始めてみてくださいね。
毎日続けることが大事なので、あまりはりきらずに気軽にやる感じで続けていくのがおすすめです。

半身浴

汗をかいて老廃物を排出(デトックス)させる効果があります。
おへその上まで浸かるくらいのお湯で、20分~30分ゆっくりと体を温めていきましょう。

体のめぐりを良くするために、入浴する30分前に水を飲んでおくと老廃物がより排出(デトックス)されやすくなりますよ!

じわじわと汗をかくので脱水状態にならないようにお風呂に飲み物を持参しておくと安心です♪

ウォーキング

体を動かすと血行が良くなり、代謝が活発になります。
血液やリンパは脚の筋肉の収縮するときの力で流れていくので、ウォーキングをして脚を動かすことはデトックスに大きな効果があるんですよ。
体の下のほうに溜まりやすい老廃物の流れを促すにはウォーキングが一番良いと言われています。
散歩する程度のゆる~い感じで良いので、ぜひ歩く習慣を付けてみてくださいね!

歩く時の振動で内臓も刺激され、代謝を高める効果が抜群です。

水分を摂る

体の50%~70%は水分でできています。
水分は血液やリンパをめぐらせたり、汗になって体温調節をするなど大切なもの。

水分不足は血液をドロドロにしてめぐりが悪い状態になってしまうので、老廃物が排出しにくくなってしまうんですよ。

意外と意識していないと長い時間水を飲んでいない時間ができませんか?
一度にたくさん飲まなくても良いので、1日1.5リットル~2リットルを目安に小分けにして飲みましょう。

リンパマッサージ

リンパ管は自ら流れようとするポンプ機能が無く、筋肉の動きによって流れていきます。
そのため、運動やマッサージでリンパを流すことが大切なんです。
運動する機会もマッサージすることも習慣にない方は、リンパの流れが滞り老廃物がたくさん溜まってしまっているかも…。

リンパマッサージをすることで全身のめぐりを良くして老廃物の排出(デトックス)を助けることができますよ。
リンパマッサージの詳しい方法については、今度の記事で紹介させていただきますね!

リラックス

ストレスが溜まってイライラしていると交感神経が活発な状態になります。
食べ物の消化吸収は副交感神経が活発になっている「リラックス状態」に行われています。
なので、リラックスできる時間を作り気持ちを鎮めることで消化吸収が良くなり、老廃物が発生しにくくなりますし排出もスムーズです。

リラックス方法は人によって好みがあり違うと思いますが、寝る前にハーブティーを飲んだり、アロマの香りを楽しんだり、ストレッチなど色々な方法がありますよ!

趣味を楽しむのもリラックスできますが、あんまり趣味を楽しむのは逆に興奮してしまうことがあるので注意しましょう。

手軽にできるお茶を飲むのが良いと思いますよ!
紅茶、緑茶、ほうじ茶、ハーブティーなど好みのお茶を飲んでみてください♪

アロマもお茶も好みが分かれやすいので、自分が好きな味や香りを探すのが大切です。

サプリを飲む

デトックスに効果がある成分のサプリメントを飲みます。
色々なサプリメントがあるので、こちらを参考にして目的に合わせて飲んでみてください♪

・基本的なデトックス成分…必須ミネラルのサプリ、亜鉛、活性炭サプリ
・解毒力をアップさせる…αリポ酸
・腸内環境改善…ビフィズス菌
・肝機能アップ…オルニチン

老廃物を、デトックスして体の中から綺麗に。

老廃物を、デトックスして体の中から綺麗に。

老廃物を、デトックスして体の中から綺麗に。

老廃物について、それを排出(デトックス)する方法など色々紹介しましたが改めて老廃物とは何なのか分かったでしょうか?

「健康や美容にとって良くないものなんだな」
「ちゃんと排出させなきゃ」
そう思ってくれただけでも紹介した甲斐があります♪

これからは、老廃物や毒素の排出(デトックス)を意識した生活習慣や食習慣を取り入れて「体の中から綺麗」を目指してみてはいかがでしょうか?
体の中が綺麗になれば健康も美容もどっちも手に入れられちゃいますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です