スパゲティー(パスタ)はニキビに悪い!?原因と対策方法

スパゲティー(パスタ)といえばイタリアの食べ物ですが、今や日本でも国民食といっていいほど、一般的に家庭でも食べられている食べ物ですし、多くの人が大好きな食べ物ですよね。

でも、スパゲティーを食べるのはニキビに良くないって知ってますか?

ニキビができるとメイクで隠すのが難しく、場所によってはとても目立ってしまい恥ずかしい思いをすることも…。
そんなニキビがスパゲティーでできてしまうなんてショックです!

なぜ、パスタはニキビに悪いのでしょうか?
その原因を掴み、対策方法を知りニキビができないように美味しくパスタを食べましょう♪

スパゲティー(パスタ)がニキビに悪い原因

スパゲティー(パスタ)がニキビに悪い原因

スパゲティー(パスタ)がニキビに悪い原因

スパゲティーの材料は小麦です。実は、スパゲティーを食べてニキビが出来たり、悪い影響があるのは小麦に原因があると言われています。

小麦がなぜ肌に良くなく、ニキビに悪いのか原因をピックアップしてみました。

小麦アレルギー

小麦は食物アレルギーを起こす食品としてもよく知られています。
小麦アレルギーは本当に一般的な食物アレルギーで、自分が小麦アレルギーを持っていると気づいていない人も多いと言われているんです。

ここまで言ってしまったら分かると思いますが、つまり小麦アレルギーと気づいていないためにスパゲティーを食べてしまい、肌荒れが起きているということです。

小麦に含まれるグルテンに体の中の免疫機能が過剰反応することでアレルギーを引き起こし、軽い症状では肌荒れやニキビなども症状のうちに入っています。

ニキビくらいの症状だとアレルギーと気づかないことが多いです。

食べれば食べるほどお腹がすく!?

小麦製品を食べると麻薬のように食欲がましてしまいます。
グルテンは脳に快感を与え、脳が「もっと欲しい」と感じてしまうため、どんどん食欲をわかせてしまうのです。

食べれば食べただけ摂取カロリーは増えてしまうので、肥満や脂肪の摂り過ぎで皮脂の分泌が増え、毛穴を塞いでニキビができてしまう原因に。

食べ過ぎは胃腸に負担をかけ、消化不良を起こして便秘になることもあります
便秘になると腸内で便や老廃物が腐敗し、そこから発生する毒素が全身をめぐり、ニキビに良くありません。

太りやすい食べ物

パスタは炭水化物の多い食べ物です。
炭水化物は糖質が多く含まれています。
糖質はエネルギーになる大事な栄養素ですが、摂取のし過ぎは糖が余り、血中には糖が溢れてしまいます。

体に溢れた糖はインスリンという物質がキャッチし、血中の糖の量を安定させるのですが、エネルギーとして使われなかった糖はインスリンが体内に脂肪として溜め込んでしまうんです。

するとどんどん体脂肪が溜まります。これが炭水化物や甘いもので太る仕組みですね。
体内の脂肪が多いと皮脂の分泌量が多くなり、ニキビの原因になりやすくなります

スパゲティー(パスタ)がニキビに悪い原因は…

・小麦アレルギーの可能性がある。
・小麦のグルテンが脳に作用し、どんどん食欲がわき太る。
・食べ過ぎで胃腸が弱くなり、消化不良を起こして便秘になることがある。
・便秘により滞った便や老廃物から毒素が発生し体中をめぐる。
・太りやすい食べ物。
・体脂肪が増え皮脂も増える。

ニキビができないようにスパゲティー(パスタ)を食べる方法

ニキビができないようにスパゲティー(パスタ)を食べる方法

ニキビができないようにスパゲティー(パスタ)を食べる方法

ニキビができやすくなるとはいっても、スパゲティーは美味しいし簡単に作れるので、まったく食べないようにするのは難しいですよね。

少しでもニキビができるのを防ぐために、すぐにでもできる対策方法をご紹介します!

食べないのではなく減らす

小麦アレルギーでもなければ、無理に小麦製品を食べないようにしなくても大丈夫です。
大切なのは量。いつも食べている量の半分にするとか、控えめにしてみましょう。

お腹が満足しないなら、サラダやスープなど他のもので調整してください。

無理に食べるのをやめようとすると、今度はストレスがたまりストレスニキビができる原因になるので、控えめにして少量を楽しむくらいにしてみてくださいね♪

スパゲティー(パスタ)を食べる前にはサラダやスープ

スープやサラダなど、前菜として食べるものには実は意味がちゃんとあったのです
スープはお腹を温めて胃腸の働きを良くしますし、サラダは食物繊維が摂れるので、糖質や脂質の吸収を穏やかにする効果があります。

きちんと「前菜」として食べることで、肥満予防になり体脂肪が増えるのを防げるので、結果として皮脂が過剰分泌するのを抑えることに繋がります♪

パスタでニキビが出来る?ニキビに悪いパスタ、良いパスタランキング

小麦アレルギーの心配があるなら検査を

パスタを一度にたくさん食べているわけではないのに、食べると肌荒れしたりニキビができてしまう…という方は一度小麦アレルギーを疑ってみて。

今はまだ肌荒れやニキビ程度の症状でも、将来大きな症状につながる可能性もあります。

スパゲティーを食べるとどうしてもニキビができてしまうなら一度病院で詳しく調べ、原因を特定しましょう!

スパゲティー(パスタ)が原因のニキビにならない対策方法は…

・食べる量を控えめにする。
・スパゲティーを食べる前にはスープやサラダを食べる。
・どうしてもニキビができるなら一度小麦アレルギーを疑う。
・皮膚科でアレルギー検査をしてみる。

スパゲティー(パスタ)の食べ方次第でニキビは防げる!

スパゲティー(パスタ)の食べ方次第でニキビは防げる!

スパゲティー(パスタ)の食べ方次第でニキビは防げる!

スパゲティーがニキビの原因になる理由は…

・小麦アレルギーの可能性がある。
・小麦のグルテンが脳に作用し、どんどん食欲がわき太る。
・食べ過ぎで胃腸が弱くなり、消化不良を起こして便秘になることがある。
・便秘により滞った便や老廃物から毒素が発生し体中をめぐる。
・太りやすい食べ物。
・体脂肪が増え皮脂も増える。

スパゲティー(パスタ)を食べてニキビを作らないようにするには…

・食べる量を控えめにする。
・スパゲティーを食べる前にはスープやサラダを食べる。
・どうしてもニキビができるなら一度小麦アレルギーを疑う。
・皮膚科でアレルギー検査をしてみる。

スパゲティーを食べるとニキビができるのはなんでなんだろう?という疑問は、晴れましたか?

スパゲティーにはニキビになる原因が隠されていたのですね。
でも、食べないようにしなくても大丈夫!今回ご紹介した対策方法でうまく小麦製品と付き合っていけば、パスタが原因のニキビはほとんどできないと思います。

小麦アレルギーの疑いがある方はお医者さんと相談しながら、今後の食事について相談をしてみてくださいね!

ニキビ全般に効く!無添加のおすすめ入浴剤ランキング☆

ニキビの悩みを解決してくれる、悩み別のオススメサイト10選☆

ニキビの改善方法、化粧品や市販薬、おすすめの治療方法ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です